有吉弘行とみちょぱに過去浮上していた「濃厚愛人説」に続き…「バラエティ界蜜月関係」千原ジュニアの“超オキニ”は東大大学院卒「セクシー作家」!?

拡大画像を見る

 ギャルタレントが群雄割拠する中、数年にわたって“勝ち組ギャルタレント”として君臨しているのがみちょぱこと池田美優(23)だろう。

 みちょぱのほか、藤田ニコル(24)、ゆきぽよこと木村有希(25)、ゆうちゃみこと古川優奈(20)など、ビジュアル的には似た系統のギャルタレントが次々と現れる中、いまだに第一線で活躍を続けている。

「それは有吉弘行さん(47)の存在が大きいですよね。有吉さんとみちょぱんさん双方が師弟関係にあるということを認めていて、特にみちょぱさんは、番組でも有吉さんのことを“師匠”と呼んでいますからね。ただ、その共演の多さ、あまりの親密さに、一時は交際疑惑や愛人説までささやかれてしまいました」(制作会社関係者)

『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS系)、『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)、『有吉の夏休み』(フジテレビ系)、『有吉クイズ』(テレビ朝日系)など、みちょぱは有吉の冠番組に軒並み出演。

 放送作家でタレントの高田文夫(73)は、2021年2月放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(ニッポン放送)で、「最近テレビ見るとさ、有吉とか好きだから探して見るんだけど、有吉が出てると必ずみちょぱが一緒に出てるな」と指摘。

 さらに「あれ、パッケージなのか? 必ずみちょぱと有吉。パックで売ってんのかな?」「どこのチャンネル見ても、一緒にいるよね」と話し、共演者らを笑わせる場面もあった。

 また、有吉とみちょぱの共演の多さに、視聴者からも「有吉は本当にみちょぱ好きだなー」「結婚してほしいレベル」「有吉いるとこにみちょぱ有り」といったコメントが寄せられたほか、「有吉さんの番組には、愛人かって言う位、セットでみちょぱが出演しとるな」と、愛人説まで飛び出すほどだった。

■千原ジュニアとセクシー作家が“有吉&みちょぱ”的な関係を構築か

 前出の制作会社関係者が続ける。

「有吉さんが“ギャル好き”、特にみちょぱさんのような“黒ギャルが好き”だと公言していたこともあり、有吉さんが夏目三久さん(37)と結婚する前、みちょぱさんと大倉士門さん(29)の交際が発覚する前には、“2人はつき合っているのでは”“結婚もあるのでは?”という声も出るほどでした。

 ただ、2人は実際はお互いの連絡先も知らない、と明かしているほどですし、有吉さんはただ単にみちょぱさんがバラエティタレントとして優秀だから重用しているということだったわけです。そんななか実は今、テレビ界に新たに有吉さんとみちょぱさん的な関係性を築きつつある2人がいるんです。それが千原ジュニアさん(48)と鈴木涼美さん(38)だといいます」

 鈴木氏は、慶応大学在学中にセクシー女優としてデビュー。東京大学大学院学際情報学府の修士課程修了後、2009年に日本経済新聞社に入社。都庁記者クラブ、総務省記者クラブなどに配属され、地方行政の取材を担当し、2014年秋に退社。現在は執筆業を中心に活動している。

 そんな鈴木氏は、2016年9月から2018年9月まで放送された『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』に準レギュラーとして出演していたほか、ジュニアがMCを務めている『ABEMA的ニュースショー』(ともにABEMA)にコメンテーターとして出演している。

■鈴木氏の鋭い意見にジュニアは痺れている?

『ABEMA的ニュースショー』で扱うテーマは、社会・風俗や若者の性といったことも多く、そういった意味でも鈴木氏はうってつけの人選なのだろう。

 制作会社プロデューサーはこう話す。

「その経験や知見から放たれる鋭い意見が重宝されていて、ジュニアさんも高く評価しているのではないでしょうか。ただ、鈴木さんはよくジュニアさんの番組に呼ばれているんですよね。番組関係者からは“ジュニアさんは鈴木さんのことを相当気に入っているよね”という声があり、一部では、2人が収録後どこかに消えて行っているみたい――なんて噂話も出ているそうです。

 ただ、それも男女の関係うんぬんではなく、有吉さんとみちょぱさんと同じように、ジュニアさんが鈴木さんの有能さを買っていて、師弟関係のようなものを築いているのではないでしょうか」

 有吉&みちょぱと同じように、ジュニア&鈴木氏の掛け合いにも注目が集まっていきそうだ。

関連リンク

  • 5/29 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます