「質問には答えない」横浜DeNA・三浦大輔監督が徹底させる「どうしようもない取材対応」

拡大画像を見る

 DeNAの番長・三浦大輔監督が、自らの「塩対応」でピンチを招きそうだ。

 試合後の取材対応は別にして、それ以外ではまともな受け答えはしないという。首脳陣にもそれは徹底されており、どんな質問を浴びせても「監督に聞いてよ」の一点張り。その監督が口を開かないのだから、取材になるはずもない。

 ある在京スポーツ紙のデスクは、

「ベイスターズ担当と原稿の打ち合わせをしていても、まともな話にはならない。『質問に答えが返ってこない』と言うばかり。お手上げです」

 とこぼす。

 今季も開幕以降、DeNAは苦戦を強いられている。いちばんの原因は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響をモロに受けていることだ。

 4月始めには4番・牧秀悟らが大量にコロナ感染し、4月8日から10日まで横浜スタジアムで開催予定だった中日戦3試合が中止となった。

 直近でも5月19日には、伊藤光も倦怠感、発熱のためPCR検査を受け、陽性と判定されるなど、終息の気配を見せていない。

 その上、故障者が続出。開幕して以来、なかなかベストメンバーを組むことができていない。DeNAの場合、牧を始め、佐野恵太や宮崎敏郎、ネフタリ・ソトなど、レギュラー陣の打撃力は他球団に決して引けはとらない。

 だが、選手層が厚いとはいえないチームだけに、ひとりでも欠ければ戦力ダウンを余儀なくされる。三浦監督も頭を悩ませる毎日だろう。12球団ワーストのチーム防御率4.22(5月25日現在)が示すように、投手陣もピリッとしない。

 今季、斎藤隆チーフ投手コーチら98年の優勝メンバーが首脳陣として集結。横浜がレジェンド内閣で昨年のヤクルト同様、前年最下位からの優勝を狙っていた。だがフタを開けてみれば、上位との差は開くばかり。最下位に沈む阪神の足跡が聞こえている。監督のストレスがたまるのも無理はない。

 三浦監督といえば、現役時代からその人柄の良さで、チーム内では兄貴分として慕われ、フロントからの信頼も厚かった。同時にマスコミ受けもよく、昨季は最下位に低迷していても、批判の声は皆無に近かった。だが今季は「塩対応」で、その流れが変わりつつある。

(阿部勝彦)

関連リンク

  • 5/26 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ***

    6/8 20:54

    さすがは万年最弱クズ球団!大洋ホエールズ

  • 塩対応を批判するより先に、マスコミは自らの失礼極まりない取材のやり方を反省した方が良い。

記事の無断転載を禁じます