来年の草彅剛主演ドラマに暗雲? フジが広瀬すずの経歴から香取慎吾主演ドラマ“抹消”

 業界の“因習”が変わる時?

 5月18日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に広瀬すずがゲスト出演したが、ある場面がネット上をざわつかせた。

「番組では広瀬がフジテレビに初出演したドラマとして、2014年放送の『ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~』を紹介。しかし実際には、2013年放送の『幽かな彼女』に出演しています。同ドラマは元SMAPの香取慎吾が主演を務めており、そのことからジャニーズへの忖度がゆえに『幽かな彼女』を避けたのではと感じた視聴者が多かった。厳密に言えば、『幽かな彼女』は系列のローカル局である関西テレビの制作ですが、フジテレビ系列での放送でしたし、ネット上では『カンテレはフジテレビとは別カウント?』『いやいやいやいやそれは無理があるでしょ』『すずちゃんの経歴を勝手に改ざんするな』と非難の嵐となっています」(テレビ誌ライター)

 フジテレビだけでなく、テレビ局のジャニーズサイドへの過剰な忖度は最近でも見受けられたという。

「4月25日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)はさらに露骨だったため、炎上騒動に。この日は、女優の川栄李奈がゲストとして登場し、人生の転機になった出演作品として、当時関ジャニ∞のメンバーだった錦戸亮が主演を務めたドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)を挙げたのですが、番組のナレーションではなぜか『満島ひかり主演の学園ドラマ』という説明で、ドラマの番組ビジュアルを模したイラストからも錦戸は不自然に消されていた。これには“改ざんがひどい”とネット上が大荒れとなり、その影響か、翌日には『都合により配信を停止しました』としてTVerでの見逃し配信が突如停止。27日に配信が再開された際には、『満島ひかり“出演”』と訂正されていました」(前出・テレビ誌ライター)

 こうした中、来年1月期に放送予定の草彅剛主演ドラマにも不安の声が出始めている。関西テレビ制作・フジテレビ系列での放送となっているからだ。

「現在、同じくカンテレ制作枠で放送中の広瀬アリス主演『恋なんて、本気でやってどうするの?』は、フジテレビによるドラマ出演者の対決特番『春の番組対抗タイムリミットバトル ボカ―ン!』に月9ドラマなどと並んで呼ばれていたことからも、カンテレ制作であろうと“フジテレビのドラマ”であることには本来変わりないはず。それだけに今回の『TOKIOカケル』における“対応”は首を傾げるもので、これがジャニーズ事務所への忖度によるものならば、元SMAPの草彅による番宣出演は難しいことが予想されます。しかし、ドラマの番宣で主演の不在が続けば明らかに不自然。番宣そのものをやめればいい話ですが、番宣はCM出稿している企業や事務所に対して『しっかり宣伝していますよ』とアピールするためにやっているという側面も強く、番宣稼働ゼロというのも局サイドとしては難しい。フジの対応が見ものですね」(芸能記者)

 番宣ナシでドラマが成功すれば、“忖度”を貫いたフジテレビはいい恥さらしとなりそうだが、はたして……。

〈関連記事〉
・錦戸亮を”完全抹消”…日テレのジャニーズ忖度がエグすぎる?
・「ジャニーズ事務所への過剰な忖度」報道が関係各所にもたらす影響
・香取慎吾『新選組!』再放送にジャニーズが物言い⁉ 「新しい地図」との距離感
・ジャニーズ祭りの日テレ『ベストアーティスト』過去映像の編集に四苦八苦
・草彅剛の受賞でようやく“デキレース体質”を脱却した日本アカデミー賞

  • 5/26 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます