「昭和生まれを馬鹿にされて悔しかったです……」ある30代女性が受けた屈辱

拡大画像を見る

あなたの会社には、信じられない言動をする「モンスター新人」はいるだろうか?キャリコネニュース読者の30代女性(東京都/クリエイティブ/正社員・職員/年収600万円)の職場には、あまりにも酷いジェネレーションギャップを感じさせる新人がいるようだ。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「モンスター新人」をテーマにエピソードを募集しています。回答ページはこちら https://questant.jp/q/6SDPGL3V

「え、昭和っていつでしたっけ?」


女性が部下を含めた複数人と話していたとき、「こういうところで、昭和と平成の違いが出ちゃうんだろうね」と誰かが言った。すると、

「え、昭和っていつでしたっけ?」
「昭和って何ですか?」

と言い出す新人女性社員がいたというのだ。嫌味で言っていたのだろうか。女性は「いくら令和になったからって、昭和ぐらいわかるだろ」と至極真っ当なツッコミをし、

「昭和生まれであることを馬鹿にされて悔しかったです……」

と不快感をあらわにしていた。

関連リンク

  • 5/25 16:13
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

14
  • 昭和が64年1月7日で終了したのを知らなかったのでは。バカにされたと言う女性は悔しがる必要はなかったと思う。

  • グレイス

    6/12 14:39

    言葉だけだと嫌みだとか馬鹿にされたとか解釈することのほうが妙に感じる。喋り方に、そんな要素があったのだろうか。ちゃんとツッコミ入れてるし悔しがることないじゃん?と思うんだけど…。

  • パー子

    6/12 9:31

    言った言葉はいずれ自分にかえってくる、自分が老いた時に誰からも相手にされない

記事の無断転載を禁じます