「4630万円男」は整形手術し名前を変えて海外へ逃亡するしかない 2022年最大級の事件の主人公はネットから逃げられないだろう

2022年最大級の「主人公」になった男……。

山口県阿武町で、町が誤って振り込んだ4630万円と、それを巧みに別の口座に移した24歳の男が逮捕された話題が、ここしばらくのすべてのメディアを席巻している。今回ネットでは「無能職員と無能金融機関社員の奇跡のコラボに行き着いた先が世紀のクズ野郎だった」と言われ方をされた。

カネが絡むとネットがざわめくのは平成の時代からネットの風物詩だった。今回の騒動で思い出したのが、カネが絡むといかに人間がセコくなるか、を示した2002年の「西友牛肉偽装事件」と2008年・サイゼリヤのピザを巡る騒動だ。

西友の札幌の店舗が輸入牛を国産と偽って1年にわたって売った際、悪いことをやっている自覚はあったのだろう。性善説に基づき「レシートナシで返金する」と発表。期間の長さも影響した。しかし、集まったのはいわゆる「ヤカラ」風の人々が多く、スーツ姿の社員に罵声を浴びせる。当時のテレビのニュースのインタビュー映像を切り抜いた画像は今でもネットで有名な「セコい人々」の画像だが、テロップにはこうある。

「だからきょう来たんです 仕事休んで」
「うーん少なくとも3~4万ぐらい」
「50パックぐらい(買った)」
「5万くらいは行ってるんじゃないです?」

この件では当初約1300万円の返金を見込んでいたが、5000万円を支払う結果になった。この騒動の際、暴行で2人が逮捕されたが、2人とも実際は買っていないことを警察に明かした。

もう一つ挙げたサイゼリヤの件では、399円のピザに有害物質・メラミンが微量入っており(健康に問題のないレベル)、これまたレシートなしでの返金を発表した。なんで西友の件があるのにサイゼリヤは性善説に従ったのだろうか。結局、同社は1000万円分を支払ったという。さすがに西友ほどザルではなく、販売期間が短かったため、「何月何日の何時頃に何人で来て、他に何を頼んだのか?」といった質問をした。

そのため、被害はある程度抑えられたのだろう。しかし、この件では、mixiにアホな自慢を書く若者も登場。この若者は、サイゼリヤ7店舗へ行き、「4戦3勝」「3000円ほど稼がせていただいた」と書いたのだ! 当然2ちゃんねるではこの人物が叩かれ、正体暴きの動きも出てきたため、彼はmixiを退会した。

4630万円の件もそうだが、この手のネタはネット民にとってはもう「大好物」でしかないのだ。ソフトバンクモバイルが牛丼一杯無料のキャンペーンをし、行列ができたというニュースが出ると、「乞食wwwwwww」と嘲笑を浴びせる。誰かがツイッターにその写真を投稿したり、報道で自分がその行列に並んでいるところを撮られてしまう。こうした際の写真はネットに永遠に残り続ける。

今回、山口の男は散々記事化されたし、インスタグラムに掲載された自身の写真も散々テレビで紹介された。前出・西友に群がった人々も今でもこの事件について検索すると出てきてしまう。自分がもしも山口の男だったら、もう整形手術をし、名前も変えて海外に逃げるだろう。それだけ彼の顔は特徴的だし、デジタルタトゥーどころか2022年最大級の事件の主人公になってしまったのだから。

カネが絡むセコい行為は、平成だろうが令和だろうが関係なく人々は永遠に叩き続ける。正直割りに合わないと思う。(文@中川淳一郎 連載「俺の平成史」)

関連リンク

  • 5/25 15:00
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

19
  • トリトン

    5/27 18:24

    ありがとう、新しい話だと彼にお金請求しても無視した(そこじてんの時点で腹が立って無視その後で副町長が働いていた会社に来銀行に行こうと上役に声かけられたから怒り狂って困らせようとしてたと供述してたとかありましたね。)

  • 国民健康保険税のわずか数万円です。数万円の取り立てのために、違法か合法かはいざ知らず、何千万円もの額を数社に渡り強制執行ってあり得ないんじゃないですか?町とその弁護士のやったことは、犯人のやったことと同様のことを、今回の事件には直接関係ない人に対してやったことに他ならない!

  • トリトンさん、いいえです。疑問があれば晴らす。おかしいことはおかしいと何度言っても良いと思います。 なぜ、テレビも法関係者もそれを言わないのか?話の流れが『決済代行会社から町へ振り込まれたお金=犯人が決済代行会社に預けたお金』になってることがおかしい!それなら「犯人は使ってしまったと供述したけど、本当は使ってなかった」との報道が前提にあって然るべきです。また町から代行会社への強制執行の額は、

記事の無断転載を禁じます