GACKT、危篤状態から「年内復帰発表」!関係者証言でわかった「格付けチェック連勝」が「ストップしない理由」

拡大画像を見る

 5月16日、ミュージシャンのGACKT(48)が日本エージェント所属事務所の公式サイトにて、病状経過と年内の活動再開を発表した。

 2021年9月より、神経系疾患と重度の発声障害のため芸能活動を無期限休止。一時は生死の境を彷徨ったとも言われているGACKT。海外での療養生活を経て、主治医を務める「九州再生医療センター 医療法人香華会 朱セルクリニック」からの病状を説明したプレスリリースが添えられる形で、この度の年内活動再開が発表された。

 GACKTが年内復帰するという報告に、ファンからは「元気で何よりです。でも無理はしないでください」、「GACKT様体調回復と見えてよかった…」、「GACKT様帰ってくるの待ちきれねぇ」、「ガックン復帰か 心配してたけど良かった」と安堵や喜びの声が多数上がっている。

 しかし、GACKT自らがコアメンバーとして開発プロジェクトやマーケティングに参加していたことから、「ガクトコイン」とも呼ばれ、資金決済法違反(無登録営業)の疑いのある仮想通貨「スピンドル」大暴落の説明責任や、活動休止中の2021年11月に『週刊文春』(文藝春秋)にて、人妻との不倫が報じられるなど、ネット上では復帰報道に批判的な意見も多くみられる状況だ。

■『芸能人格付けチェック』出演を見据えた“年内復帰”!?

 そんな、一挙手一投足がニュースになるGACKTだが、“年内復帰”という言葉には、お正月恒例の人気番組『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)への出演が期待される。未だにGACKTが無敗を続けている同番組には、“ヤラセ”疑惑があり、一部週刊誌では、番組制作関係者から「リアリティーを出すために、正答は教えていないが、出題傾向は教えていると聞いたことがある」という発言があったことを報じている。

「その真偽はわかりませんが、もし、本当に出題傾向が事前にわかっているとしたら、GACKTさんは出題テーマについて必死に勉強してから、番組収録に臨むでしょうね。それくらいの努力家なんです。でも、その努力の姿を全く感じさせないのが、彼のプロ根性。さすがだなと思いますね」

 と語るのは、芸能プロ関係者。

 実際、GACKTには超人的な能力があるという。過去に彼と一緒に仕事をした関係者が、口を揃えるのは、“GACKTはすごい”という称賛の言葉だった。

■剥離骨折しながらも、いつもと変わらない様子で撮影

「音楽雑誌のインタビュー取材で、10数年ぶりにGACKTさんと対面した時のことです。前の取材のときは、少しインタビューをしただけで、絶対に覚えてないだろう、と思って自己紹介しようとしたら、その前に“○○さん、久し振り”と言ってくれたんです。ちょっと信じられなかったですね。星の数ほど取材を受けているはずで、そのライターをひとりひとり覚えているって、とんでもない記憶力ですよね」(音楽誌ライター)
 
「GACKTさんが主演する舞台の公演中の休演日に、雑誌の撮影があったんです。スタジオへ到着してから撮影が終了するまで、いつもと変わりない様子で自然なポージングをしていたんですが、撮影終了後にスタジオを出てから車に乗り込むまでの間のふっとした瞬間、何となく足を引きずるような歩き方をしていて、“あれ?”と思ったんです。

 翌日のニュースで、GACKTさんが前日の舞台で足を剥離骨折していた事を知りました。撮影中にはまったくそんなそぶりは見せなかった。すごいプロ意識ですよね」(雑誌編集者)

「GACKTさんがランボルギーニで現場入りするということで、その時は駐車場の確保に苦労しました(苦笑)。入れられる場所がなかなかないんです。でも、噂のランボルギーニを間近で見た時は、“やっぱり、GACKTさんはすごいな”と改めて思いました」(撮影スタジオスタッフ)

「GACKTさんは撮影終了後、現場にいる全員と握手を交わしながら、“ありがとう”と挨拶をしてくれました。私のような下っ端にも同じように接してくれたタレントさんは、GACKTさんだけですね。ミュージシャンの中では、飛びぬけて人柄がすばらしかったです。そんなふうに接してくれたら、GACKTさんのファンになっちゃいますよね(笑)」(編集アシスタント)

■『格付け』連勝記録は“GACKT”の努力の結果

 誰の前でもイメージを守る努力を怠らないGACKT。2022年お正月の『格付け』は活動休止中のため欠場となったが、2023年については、5月24日発売の『女性自身』(光文社)のメールインタビューで、

「去年は、出演のオファーを受けた後に、このような事態になって関係者の方にも迷惑もかけました。司会のダウンタウンの浜田雅功さん(59)からは『待ってるでぇ!』と温かい言葉もいただき、背中を押されました。望まれれば、その気持ちには応えます」

 と、同番組への出演に意欲的。改めて、23年のGACKT連勝記録更新に期待したい。

■【画像】オリラジ中田考案のゲームで勝負強さを発揮するGACKT

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦(39)が考案したカードゲーム『XENO(ゼノ)』に全勝するGACKT。「負けるとカッコ悪い、ルールを覚えてないとか失礼」と語り、ゲームをやり込んで勝負に臨んでいる。やはり、努力ぶりはハンパではない。

※この画像はGACKT公式YouTubeチャンネル『GACKTちゃんねる がくちゃん』より

< この画像の記事に戻る

関連リンク

  • 5/25 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます