外国人が『おでん』の絵文字を見ると?「そう見えるか」「笑った」

拡大画像を見る

スマホでメッセージを送る時に使うと便利な、絵文字。

絵文字は日本だけでなく、海外でも『emoji』として知られ、広く浸透しています。

しかし日本発の絵文字の中には、外国人に意味が伝わらず、別のものとして解釈されているものもあるそうです。

日本の文化が大好きな、ラトビア出身のアルトゥル(@ArturGalata)さんは、Twitterにある食べ物の絵文字について投稿。多くの反響を呼びました。

外国人には、「変な形のロケットが火を出して飛んでいる」と思われがちな、絵文字とは…。

『おでん』!

日本人にはお馴染みのおでんですが、外国人にとっては未知の食べ物。何を意味しているのかさっぱり理解できないのも、当然ですね。

また、地域によっておでんの味や形はさまざまです。

日本通のアルトゥルさんですが、この絵文字のような『串に刺さっているおでん』の実物を見たことがないといいます。

投稿を見た人たちから、おでんにまつわるさまざまなコメントが寄せられていました。

・クスッとしました!世界共通のアイコンにおでんがあるのは嬉しいです。

・香川県のうどん店では、串にささった形でおでんが販売されていましたよ!

・たしかに、最近はあの形のおでんを見ないですね。昔、アニメで見かけたのを記憶しています。

絵文字を通じて、海外の人にも日本の食べ物や文化に興味を持ってもらえたら、嬉しいことですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @ArturGalata

関連リンク

  • 5/23 12:05
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • グレイス

    5/24 12:30

    [〇〇の煮物]を、[〇〇を炊いたん]て言うの、語感が可愛くてわりと好き。

  • いち(

    5/24 12:14

    なぜか関東煮と書いて、かんとだきと読みますね。今はかんとだきと言う人ほとんど居ませんね、すっかりおでんに変わってしまいました。

  • グレイス

    5/24 11:38

    鍋物のおでんは関東炊きって呼ばれてんだっけ? 串に刺さってんのは田楽。

記事の無断転載を禁じます