「誤給付4630万円」事件も追い風!石井亮次『ゴゴスマ』が“王者”宮根誠司『ミヤネ屋』を食う!?ワイドショー「視聴率争い大異変」!!裏に「東野幸治の男気パワー」も…!

拡大画像を見る

 平日午後に放送されている、民放各局のワイドショー戦線に異変が起きている。長らく“王者”として君臨してきた、宮根誠司(59)が総合司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作、日本テレビ系)が、陥落しつつあるのだ。

「『情報ライブ ミヤネ屋』は、2006年に放送を開始した、日本テレビを代表するワイドショー番組です。2010年には、日本相撲協会の役員改選で当時、親方だった貴乃花光司さん(49)が理事に当選した様子を中継し、関西地区で世帯視聴率が平均16.0%(すべてビデオリサーチ調べ)、関東地区では15.3%という超高視聴率を記録しました。

 また、2009年から2018年までは、9年連続で平日昼の同時間帯の通期平均視聴率1位も獲得。競争が激しいワイドショー戦線の中で、不動の人気を誇る番組だったんです」(制作会社関係者)

 そんな絶対王者を今、脅かしているのが、石井亮次アナ(45)が看板MCを務めるワイドショー番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(CBC制作、TBS系)だ。

 2013年から東海3県のローカル番組としてスタートした『ゴゴスマ』は、2015年3月からTBS系で放送がスタート。近年、人気を高め、2020年以降は“王者”『ミヤネ屋』と視聴率争いを展開してきた。

「5月の12、13日、2日連続で『ゴゴスマ』は『ミヤネ屋』を上回りました。『ゴゴスマ』は12日は世帯視聴率5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、個人視聴率2.7%、13日は世帯6.4%、個人3.1%を記録。『ミヤネ屋』の12日世帯5.3%、個人2.5%、13日世帯5.8%、個人2.8%よりも高い数字となりました。

 この“逆転”の背景には、山口県阿武町で誤って振り込まれた給付金4630万円を使用してしまったとして5月18日に無職の田口翔容疑者(24)が逮捕された事件が関係していると言われています。『ゴゴスマ』はこのニュースに力を入れ、『ミヤネ屋』よりも先行取材。長い時間をこの事件に割き、視聴者の関心を捉えたと見られています。

 一部では、些末な事件にワイドショーは時間を割きすぎ、といった批判的な意見もありましたが、やはり税金が平等に使われないこと、また田口容疑者が“オンラインカジノで給付金を使ってしまった”など現代らしい理由を語っていることが、人々の興味をひいていますよね」(前同)

 今回は、4630万円の誤給付というビビッドなニュースの追い風があったのだろうが、そうでなくても『ゴゴスマ』が『ミヤネ屋』に肉薄しているのは間違いなさそうだ。

「ゴールデンウイーク前の4月25日、26日も世帯視聴率で『ゴゴスマ』が『ミヤネ屋』を上回っていたんです。まだ『ミヤネ屋』が勝つ日の方が多いですが、ほぼがっぷり四つな感じになってきていますね」(前同)

 なぜ今、『ミヤネ屋』よりも『ゴゴスマ』に勢いがあるのだろうか。

■『ゴゴスマ』をより“メジャー”にする「東野幸治の影響力」

『ミヤネ屋』と『ゴゴスマ』、両者の明暗を分けた理由のひとつに、司会者のキャラクターが挙げられる。

「『ミヤネ屋』といえば、明るい関西弁で、ズバズバとニュースに切り込んでいく宮根さんの司会っぷりがウリでした。ただ、コロナ禍に入り、殺伐としたニュースが連日報じられるようになると、宮根さんのそういった“オラオラ系”のノリは、アクが強いように映ってしまう感じがある。対して、『ゴゴスマ』の石井アナは、ガツガツと前に出ず、今の時代に則した優しい司会進行をしています。

 事実、ネットメディア『J-CASTニュース 』が5月3日に公開した“好きなワイドショーMCは誰?”(投票期間・4月13日から同月30日まで)というアンケートでは、石井アナが、2位の羽鳥慎一アナ(51)を大きく突き離して首位を獲得。一方で、宮根さんは、“嫌いなワイドショーMCは誰?”というアンケートで、第3位に選ばれてしまいました」(前出の制作会社関係者)

“オラオラ”な宮根と“優しい”石井アナの差に加えて、今、『ゴゴスマ』が人気を高めているのは、ある大物芸人の存在が大きかったのではないか、と言われている。

「それは、東野幸治さん(54)です。今や、その影響力は絶大で、ダウンタウンの松本人志さん(58)を看板コメンテーターに据えた、日曜日の情報バラエティ番組『ワイドナショ―』(フジテレビ系)では、総合司会を担当。

 5月8日の同番組では、熊本県八代市の私立秀岳館高サッカー部の男性コーチが部員の生徒に暴行した問題に対して、“(暴行が)日常的に行なわれていたと考えるのが妥当ですよね”といった、歯に衣着せぬコメントで学校側の隠ぺい体質を指摘し、大きな反響を呼んでいました。

 そんな影響力抜群の東野さんが、4月20日に放送された『ゴゴスマ』に、ゲストとして生出演したんです」(前同)

 いったい、東野と『ゴゴスマ』の間にはどんな縁があったのか。

■『ワイドナショー』の“お詫び”に「お返し出演」!

 東野が『ゴゴスマ』へ生出演を決めた背景には、同番組のMC石井アナとの、“とある接点”が関係していた。

「東野さんが司会を務める『ワイドナショー』に、今年2月に石井アナが出演したのがきっかけなんです。その収録後に、東野さんや石井アナを含む複数の共演者が、一気に新型コロナへの感染が発覚しました。東野さんは“自分がうつしたのかも”と、自身の番組に来てくれたのに迷惑をかけた石井アナにお返しにと、『ゴゴスマ』へのゲスト出演を約束したと言います。

 ちなみに東野さんは、『ワイドナショ―』で共演中の山崎夕貴アナ(34)がコロナに感染した際にも、同じ“お返し出演”を行なっています。東野さんは、山崎アナが進行司会を務める情報番組『ポップUP!』(フジテレビ系)の4月7日放送回に出演しました。その放送回では、パーソナリティーの高嶋政宏さん(56)が舞台稽古のため欠席したのですが、東野さんは、その代役として終始ツッコミまくり、番組を盛り上げていましたね」(前出の制作会社関係者)

 こういった、東野の“男気”エピソードは他にもある。有名なのは、YouTubeの人気チャンネル『街録ch〜あなたの人生、教えて下さい〜』に出演した際のエピソードだ。

「『街録ch』は、街行く一般人から、芸能人、政治家などへ街頭インタビューを行なう、人気のドキュメンタリーチャンネルです。人気バラエティ番組『有吉の壁』(日本テレビ系)などの制作に携わったテレビディレクターで、現在は『街録ch』の制作を行なう三谷三四郎さん(35)が運営しています。

 そんな『街録ch』に東野さんが出演したのは、2020年9月の“登録者1万人記念”という動画。そこで東野さんは、自身の生い立ちや、極貧生活を送った若手時代の思い出を赤裸々に語りました。3本に渡り投稿されたその動画は、総再生回数が300万回を超える大ヒット。その影響もあり、『街録ch』は登録者を伸ばし続け、わずか2年間で登録者は約60万人に到達し、5月22日現在で、その数を70万人にまで伸ばしています。

 実は、この出演は、三谷さんが東野さんへダイレクトメッセージで直談判をしたことで実現したそうです。2人は、2019年に放送されていた『その他の人に会ってみた』(TBS系)というバラエティ番組で出会っており、そのわずかな関係性を頼り、三谷さんが東野さんへダメ元で出演を要請したところ、東野さんは無償での出演を快諾してくれたと言います」(前同)

 今や、さまざまなテレビ番組、ラジオ、ネットでも抜群の影響力を持つ東野幸治。そんな彼の“男気パワー”も借りて、『ゴゴスマ』が『ミヤネ屋』をついに食おうとしている!?

関連リンク

  • 5/23 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます