ケンカップル必見!ケンカしてもすぐに仲直りするためのコツ

拡大画像を見る


彼氏と頻繁にケンカするようになると、顔を合わせることが怖くなってきますよね。なるべくケンカしたくないと思っていても、ついイラっとしちゃってケンカに発展...なんてこともあるでしょう。
小さなケンカだと仲直りしやすいですが、大ケンカに発展してしまうと仲直りのきっかけが見つけられずそのまま破局してしまうなんて可能性もあります。
そこで今回は、最近ケンカが増えてきたというカップルのために、大ケンカに発展させず話し合いに持っていく方法について紹介します。ケンカしがちなカップルはぜひ参考にしてみてくださいね。


「ケンカしたくない」と伝える

彼氏と何回かケンカをしていると、このままだとヒートアップしてケンカになるだろうなということが分かってきますよね。そんなタイミングで彼氏に「ケンカしたくない」と伝えましょう。
気まずくなるからケンカをしたくないなど、理由を付けてストレートに話すことで彼の気も逸れます。ケンカしたくないと言っている彼女にケンカを売ってくる男性も少ないでしょう。
熱が冷めてきたときに「何が嫌だった?」と聞くことで、言い合いではなく話し合いに持っていくことができますよ。


甘いものをとる

イライラしているときには甘いものを食べると良いということを聞いたことがありますよね。甘いものを食べることでストレスを緩和することができます。
そこで、ケンカになったときは一旦ティーブレイクを作りましょう。甘いものを食べたり、飲んだりして糖分を摂取しましょう。
そうすることで、いったんケンカから離れることができるのでお互い冷静になれます。心も体も落ち着かせることが出来て話がしやすくなりますよ。


一緒に外へ出る

ケンカが起こる場所は家の中が多いのではないでしょうか。閉ざされた空間に二人でいることで、他人の目が無くヒートアップしてしまうことが多いですよね。
そこで、いったん外に出ましょう。二人で外に出て散歩しながら話すというのがベストですが、彼氏が一緒に行ってくれないようであればあなた一人でも外にでましょう。新鮮な空気を吸うことで、落ち着きを取り戻すだけでなく癒されますよ。


ヒートアップしないことが大切!

お互いの言いたいことを言いつつケンカを早く終わらせるためには、ヒートアップしないことが大切です。ケンカをした後に仲が深まるように、落ち着いてお互いに話し合えるように意識してみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/22 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます