札幌が深井と駒井の今季初ゴールで逆転勝利!磐田は山本義道がJ1ゴールも今季初の連勝とはならず

拡大画像を見る

 明治安田生命J1リーグ第14節が22日に行われ、ジュビロ磐田と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 前節、FC東京相手に劇的な勝利を飾った15位磐田が、前節の鹿島アントラーズ戦で6試合ぶりの敗戦を喫した12位札幌をホームに迎えての一戦となった。

 試合の均衡が破れたのは8分、遠藤保仁の左コーナーキックに走り込んできた山本義道が右足で合わせ、ホームの磐田が先制に成功する。山本義道はJ1初ゴールとなった。

 開始早々、1点のビハインドを負った札幌はボールを保持しながら磐田を押し込み、サイドからのクロスでチャンスをうかがっていく。すると28分、中盤で細かくボールを繋ぎ右サイドに展開すると、ルーカス・フェルナンデスのクロスに深井一希がボレーシュートで合わせゴール右隅に流し込んだ。深井の今シーズン初ゴールで札幌が同点に追いつく。

 追いつかれた磐田は34分に決定機。右サイドからのクロスをペナルティエリア内で杉本健勇が胸で落とすと、こぼれたボールにフリーのファビアン・ゴンザレスが右足を振り抜くが、シュートは枠の上に外れた。対する札幌は41分、右サイドの田中駿汰からの斜めのボールに駒井善成が抜け出すも、ギリギリのところで磐田のGK三浦龍輝が処理した。両チームとも追加点は奪えず、1-1で前半を折り返した。

 後半立ち上がりに磐田に決定機。46分、右サイドを突破した松本昌也のパスを受けた杉本が右足で狙いすましたシュートを放つも、ボールは右ポストを直撃。ピンチを凌いだ札幌は55分、中村桐耶が中央をドリブルで持ち運び、左の青木亮太に展開。青木がペナルティエリア内で仕掛け、左足でクロスを上げると、駒井が頭で合わせネットを揺らした。駒井の今シーズン初ゴールで札幌が逆転に成功する。

 逆転を許した磐田は大津祐樹や大森晃太郎など、攻撃的な選手を次々と投入し攻勢に出るも、札幌の集中した守りを崩すことができない。試合はこのまま終了し、札幌が2-1で逃げ切り、2試合ぶりの勝利を飾った。敗れた磐田は今季初の連勝とはならなかった。

 次節、25日に行われ、磐田はアウェイでヴィッセル神戸と、札幌はホームで柏レイソルと対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 1-2 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
1-0 8分 山本義道(ジュビロ磐田)
1-1 28分 深井一希(北海道コンサドーレ札幌)
1-2 55分 駒井善成(海道コンサドーレ札幌)

関連リンク

  • 5/22 16:58
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます