NHK受信料を郵便で「徴収」 住所だけで届く「督促状」に反応は

拡大画像を見る

NHK受信料の徴収活動が大きく変化する。日本郵政は、試行中のサービス「特別あて所配達郵便」を2022年6月21日から本格的に始めると発表した。

「特別あて所配達郵便」は、受取人の氏名が不明であっても、受取人の住所がわかっていれば郵便物を配達できるサービスだ。共同通信によると「NHK受信料の徴収業務を支援するため」に昨年6月から試験導入されている。

帰省中に返送期日切れの封筒が

試験導入中のため、NHKからすでに届いたという人もいる。J-CASTトレンドは、「特別あて所配達郵便」を受け取った人に取材した。

ツイッターユーザーの某機械製造業技術者パパ(@boukikai_papa)さんは、自宅に帰省していたゴールデンウイーク中に単身赴任先に届いていたという。

受け取った郵便物の封筒を見ると、赤字で「重要 返送期日:5月7日」「特別あて所郵便」と記されている。

郵便受けを確認したのは単身赴任先に戻ってからだ。そのため、4月29日以降から返送期日の5月7日までに届いたのではないかと推測した。

届くまでは「特別あて所配達郵便」を知らなかったそうだが、「時々、訪問でNHKの関係者らしき方が来ていて、契約の案内をポストに入れていたので、特に驚きは無かったです」と話す。

届いたものには、郵便番号と住所のみで、ほかに個人情報は載っていなかった。封筒に入っていたのは、「NHK放送受信契約書兼住所変更届」のハガキと本放送協会放送受信規約、放送受信契約のスマートフォン手続きの案内、目隠しシールだそうだ。

中身について、写真で確認すると「NHK放送受信契約書兼住所変更届」の上部には、「行き違いにより、すでにお届けいただいている場合や、テレビ等の受信機を設置されていない場合には、ご返送等必要ございませんので、なにとぞご容赦ください」と書かれている。また、届け出の受信契約者欄には、郵便番号と住所がすでに印字されている。

某機械製造業技術者パパさんは赴任先にテレビを設置していない。そのため開封後は、ブログネタにして破棄したという。

開封しなくても「受信料をお願いします」かと思った

また、別のツイッターユーザー「komat/こまっと(@dragonkomat)」さんも「特別あて所配達郵便」を受け取っていた。届いたのは、4月28日だ。その存在について、受け取ってから初めて知ったそうだが、

「開封しなくても『受信料をお願いします』という内容かなと思ってましたが、実際そうでした(笑)。NHKも契約率を上げるためにこういうするんだなと思いましたね」

と、特に驚きはなかったという。郵便物に印刷された「特別あて所配達」「これは、住所又は居所のみを記載した郵便物です」の字があったことを挙げて、「確かに宛名が書いてなかったので、そういう郵便があるのかと思いました。後でこれが試験的に実施されていたものだと知りました」と話す。

住所についても、建物名の記載はなく、部屋番号だけだったそうだ。また、komat/こまっとさんも受信設備を持っていないために、開封後には破棄している。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 5/22 12:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • トリトン

    5/26 1:03

    ワクチンもイギリスから無駄だと言われ、接種半年もつ2回今では3ヶ月で4回接種、アメリカの為に始めは年寄りつぎに10歳の子供自己責任、データー取るためにねと思われても仕方がない。そして常に変化するコロナ、安倍の強引大企業と旅行関係者ために責任持つと入国させ感染させ安倍はだんまり。今また岸田が韓国の要請で韓国人を入国させまたまた国内に感染者を増やそうとしてるのにワクチンなんか好きに射てばよい。

  • トリトン

    5/26 0:37

    徴収なんか銀行振込したら良いのにね、なぜ集金人の大半は在日ややくざ雇うのかな悪党の生活と韓国、中国のために無料にするために、国民のお金を使う会社です。 NHK

  • 脱走兵

    5/25 23:33

    「この無駄な郵便物にかかる費用は皆様から徴収した受信料で賄っております」前田晃伸。

記事の無断転載を禁じます