リヨンが女子CLを制覇! 決勝でバルセロナを下し史上最多を更新する8度目の栄冠に輝く

拡大画像を見る

 女子チャンピオンズリーグ(WCL)決勝が21日に行われ、バルセロナ・フェメニとオリンピック・リヨンが対戦した。

 大会連覇を狙うバルセロナ・フェメニは、今シーズンのプリメーラ・イベルドローラ(スペイン女子1部)を30戦全勝で制しており、リーグ戦に続く2冠を目指す。対するリヨンは2シーズンぶり8回目のWCL優勝を目指しての戦いとなった。

 試合の均衡が破れたのは6分、中盤でボールをキープしたリヨンのアマンディーヌ・アンリが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右上隅に突き刺さり、リヨンが先制に成功した。

 この先制ゴールで勢いに乗ったリヨンは23分、左サイドを味方とのパス交換で突破したセルマ・バシャが精度の高いクロスを供給すると、ファーサイドでアーダ・ヘーゲルベルグが頭で合わせ、追加点を奪う。33分にはバルセロナ・フェメニのペナルティエリア内でのクリアミスからカタリナ・マカリオが決め、リヨンが前半だけでリードを3点に広げた。

 3点ビハインドを負ったバルセロナ・フェメニは41分、右サイドのキャロライン・グラハム・ハンセンのクロスを、走り込んできたFIFA年間女子最優秀選手アレクシア・プテジャスがダイレクトボレーで沈め、1点を返した。

 後半は2点を追うバルセロナ・フェミニがボール保持率を高めリヨンのゴールに迫っていくも、リヨンの粘り強い守備対応に手を焼き得点を奪うことはできない。リヨンもカウンターから度々バルセロナ・フェメニゴールを脅かすも追加点を奪うことはできずに時間が進む。

 試合はそのまま終了し、リードを守り切ったリヨンが史上最多を更新する8度目の優勝を果たした。

【スコア】
バルセロナ・フェメニ 1-3 オリンピック・リヨン

【得点者】
0-1 6分 アマンディーヌ・アンリ(オリンピック・リヨン)
0-2 23分 アーダ・ヘーゲルベルグ(オリンピック・リヨン)
0-3 33分 カタリナ・マカリオ(オリンピック・リヨン)
1-3 41分 アレクシア・プテジャス(バルセロナ・フェミニ)

関連リンク

  • 5/22 11:49
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます