千鳥とかまいたちが「地上波テレビジャック」の裏で…「大竹一樹がドラマ主演」さまぁ~ずと「レギュラー1本」ホンジャマカ石塚英彦の危機!「高額ギャラとコア視聴率」の大御所芸人「冬の時代」!!

拡大画像を見る

 ビートたけし(75)が『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)から卒業。上沼恵美子(67)が『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(テレビ朝日系)から、坂上忍(54)が『バイキングMORE』(フジテレビ系)から降板するなど、大物芸能人の番組卒業や降板が続いている昨今――。

「テレビ離れ、テレビ不況が続いていますから、制作サイドとしては制作費をなんとか抑えたいわけです。そんな台所事情ですから、大御所のギャラを払っている余裕もありません。加えて、テレビ各局は今、13~49歳のコア視聴率を重視しています。

 シニア層から支持されていても、広告収入に直結するコア視聴率を持っていないベテランタレントはどんどん切られています。ホンジャマカの石塚英彦さん(60)もその1人だと言われていますよね」(制作会社関係者)

 石塚といえば、『メレンゲの気持ち』や『火曜サプライズ』(ともに日本テレビ系)、『ぴったんこカン・カン』(TBS系)などの番組で食レポやグルメコーナーを多数担当。石塚発の決めゼリフ「まいうー」は今でも広く使われている。

 しかし、『メレンゲの気持ち』、『火曜サプライズ』、『ぴったんこカン・カン』が立て続けに終了してしまい、現在、石塚のレギュラーは『よじごじDays』(テレビ東京系)の月曜MC1本のみとなっている。

「石塚さんはダウンタウンやウッチャンナンチャンとほぼ同じ芸歴を誇り、芸能界のポジション的にも両組に次ぐような立場にありましたから、ギャラも上がるところまで上がり切ってしまったと言える。今、一番切られるのがこのタイプなんです。

 制作費に余裕がないテレビ局サイドとしては、石塚さんのようなギャラが高いベテランにオファーできなくなっている。加えて、コア視聴率を持っている若手を使いたいという思いもある。石塚さんのギャラだったら若手を2~3組呼ぶことができるでしょうからね」(前同)

■恵俊彰も“ひるおび後”を見据え……

 ベテランの仕事が減る一方、千鳥とかまいたちは改編ごとにレギュラーを増やし、今やテレビで見ない日はないほどの活躍をしている。

「仕事激増の千鳥とかまいたちですが、ギャラは今のところお手頃感があるんです。にもかかわらず、しっかりと面白く、コア視聴率も持っている。そのため、バラエティ番組は千鳥とかまいたちばっかりになってしまっていて、視聴者の中には食傷気味になっている人もいるほどなんです」(前出の制作会社関係者)

 石塚の相方の恵俊彰(57)は長年『ひるおび!』(TBS系)でMCを務めているが、同番組もコア視聴率がまったく振るっておらず、たびたび終了話も浮上する。

「最近は、コロナ禍の話や、ロシアによるウクライナ侵攻がありましたから報道寄りの『ひるおび!』の注目度は高いですが、それが落ち着けば、基本的にエンタメをやらない同番組は厳しいでしょうね。

 恵さんはこの春、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に合格し、スポーツ学を学ぶことが報じられましたが、“ひるおび後”の身の振り方を考えて新しいことに挑戦しているともささやかれています」(前同)

 そんな石塚や恵と同じように、いま割を食っているのがさまぁ~ずの大竹一樹(54)と三村マサカズ(54)だという。

 さまぁ~ずの2人は『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)、『7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート』(TBS系)、『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)など、今でも複数のレギュラー番組を抱えているが――。

「ただ、『Qさま!!』も『さまぁ〜リゾート』も制作にコンビの所属事務所が入っている、いわゆる“事務所案件”とも言え、純粋なさまぁ~ずの仕事というのは『モヤさま』ぐらい、ともささやかれています。その『モヤさま』も、この春の改編で8回目の放送枠移動があるなど、便利屋扱いというか、少々酷い扱いをされているとも言えますよね」(民放キー局ディレクター)

 2007年4月にスタートしたコンビの冠番組『さまぁ~ず×さまぁ~ず』(テレビ朝日系)が2020年9月には終了。同年10月からは『さまぁ〜ず論』がスタートしたものの、2021年9月をもって終了している。

■さまぁ~ず大竹の妻・中村仁美もフル稼働!?

 前出の民放キー局ディレクターが続ける。

「やはり、さまぁ~ずにも新規の仕事がなかなか入ってこない状況になっているようで、その理由もホンジャマカの石塚さんと同様のものと見られています。要はギャラが高い。彼らはポジション的にはダウンタウンやウッチャンナンチャンに次ぎますからね。制作費を抑えたいテレビ局としては、いくらさまぁ~ずと仕事がしたくても、とてもじゃないですが彼らにオファーがお願いできないわけです。

 その代わりではないでしょうが、収入源を増やす目的もあり、2020年8月にはコンビのYouTubeチャンネル『さまぁ~ずチャンネル』を開設したと言われています」

『さまぁ~ずチャンネル』のチャンネル登録者数は55万人を突破。動画にはふかわりょう(47)、ダイアン、ハライチなど、人気お笑い芸人もゲスト出演している。

「編集もかなりしっかりやっていて、仕事ができるスタッフが関わっているんでしょう。ただ、動画の再生回数を見てみると、再生されているもので50万回、見られていないものでは2万回ほどと、お金がかかっている割りに結果が伴っておらず、新たな収入源にはまだなっていないともっぱらです」(前同)

 そんな中、4月10日から大竹が主演を務める2クール連続ドラマ『よだれもん家族』(テレビ東京系)がスタート。ドラマ初主演の大竹は「突然の話でした。話を聞いて撮影が1か月後でしたから。私でいいんでしょうかという感じですが、非常にありがたいお話です」とコメントしていた。

「大竹さんにとっては本当にありがたい話だったのではないでしょうか。2019年6月に三男が生まれましたから、まだまだ稼いでいかないといけないでしょうからね。

 大竹さんはドラマ出演に伴い『さまぁ~ずチャンネル』への出演を休止。その後、三村さんも出演休止を発表しました。チャンネルは他の出演者で続けられると言いますが……」(同)

 大竹の妻で元フジテレビアナウンサーの中村仁美(42)も『ラヴィット!』(TBS系)にコーナーレギュラーとして出演するなど、露出を増やしている。

「それもさまぁ~ずの新規の仕事が減っているからという事情もあるのかもしれません。テレビ各局の制作費削減とコア視聴率偏重により、ダウンタウンやウッチャンナンチャンと同じ時代を歩んできたホンジャマカとさまぁ~ずが、今まさにピンチを迎えていると言えそうです」(同)

「上が詰まっている」と言われがちな芸人界だが、世代交代の波は着実にやってきているようだ。そしてそこには、ギャラ問題とコア視聴率という、現代の地上波テレビが直面している事柄が大きな影響を及ぼしているようだ……。

関連リンク

  • 5/22 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます