病院のエレベーターに乗った妊婦、警備員の介助で降りた時には手に赤ちゃんが!(米)

拡大画像を見る

母の日だった今月8日、米テキサス州のメディカル・シティ・ダラス病院に、4人目を妊娠中だったベツァベス・ペレスさん(Betzabeth Perez)が家族の運転でやってきた。

ベツァベスさんはいつ出産してもおかしくない状態で、車から降りて車椅子に移動すると破水、警備員のイーライ・ダヴィラさん(Eli Davila)が車椅子を押して2階の分娩室へと急いだ。

当時の監視カメラの映像では、イーライさんがトランシーバーを片手に慌ただしく1階のエレベーターの入り口まで移動し、外にある2か所のボタンを押しているのが見て取れる。

エレベーターを待つベツァベスさんの表情は苦痛に満ちており、中に乗り込む前にズボンを下ろそうとしているのが分かる。

そして最初にやってきたエレベーターに乗り込んだ2人だが、1分ほどの間にベツァベスさんは赤ちゃんを出産、エレベーターから出た時には膝の上に赤ちゃんを載せていた。

ベツァベスさんは当時のことを「赤ちゃんの頭が出てくるのを感じてね。エレベーターの中でこう叫んだの。『赤ちゃんが産まれそうなの! 力ませて!』とね」と明かし、一方のイーライさんはこのように語った。

「叫び声を聞いて、車椅子を後ろに移動させ前屈みになったんだ。するとすぐに赤ちゃんが産まれたんだよ。」

「その後、赤ちゃんが泣き始めると母親は静かになってね。私は『山は乗り越えたからもう大丈夫だ』と言ったんだ。」

実はイーライさんには20代の2人の子供がいるものの、出産に立ち会ったのは初めてだそうで「メディカルトレーニングを受けたことはないよ。テレビではよく見るけど、まさか自分があの場所で介助することになるとはね…」と目を丸くし、「このことは一生忘れない。分娩を介助して、その子の人生の一部に関わることができたなんて本当にクレイジーなことだよ」と興奮冷めやらぬ様子で語った。

ちなみに誕生したミアちゃん(Mia)の健康状態は良好だそうで、イーライさんは「赤ちゃんのことは自分の3番目の子のように思っているよ。これからも成長を見守っていきたいし、母の日と誕生日を一緒にお祝いしたいものだね」と笑顔を見せた。

画像は『WFAA 2022年5月20日付「WATCH: Dallas hospital security guard delivers baby in elevator on Mother’s Day」(Credit: Medical City Dallas)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 5/22 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます