【今日の注目ポイント】3歳牝馬の頂上決戦・オークス、柴田善臣騎手の復帰など

拡大画像を見る

 5/22(日)は東京・中京・新潟の3場開催。天気は東京が晴れ一時雨、中京が晴れ時々曇り、新潟が曇り予報となっている。

■3歳牝馬の頂上決戦・オークス
 東京11Rは芝2400mのオークス(GI)。牝馬クラシックの第2弾で、桜花賞との二冠を狙うスターズオンアース、阪神JF覇者サークルオブライフ、トライアルのフローラSを制したエリカヴィータ、桜花賞2着馬ウォーターナビレラなどが激突する。

■柴田善臣騎手が復帰
 頸椎椎間板ヘルニアの悪化により昨年12月から休養していた柴田善臣騎手が、本日の東京3Rより復帰する。本日はこの1鞍の予定。また、同騎手は春の褒章において「黄綬褒章」を受章しており、本日の東京競馬最終レース終了後に記念セレモニーが行われる。

■韋駄天Sにオールアットワンスなど
 新潟11Rは芝直線1000mの韋駄天S(OP)。昨年のアイビスサマーD覇者オールアットワンスが3か月ぶりの休み明けを迎えるほか、キャリア21戦目で初めて芝レースを走るオヌシナニモノ、外国産馬デトロイトテソーロなど。

■大垣Sでオールイズウェルが初ダート
 中京11Rはダート1400mの大垣S(3勝)。オールイズウェルが半年ぶりの休み明けでダートに初挑戦するほか、前走15番人気で2着だったカフェクラウン、2・3走前に連勝しているトーセンアラン、JRAの現役では唯一のワイルドワンダー産駒ワルツフォーランなど。

■JDDへ繋がる鳳雛S
 中京10Rはダート1800mの鳳雛S(L)。昨年のウェルドーン、一昨年のダノンファラオら、ここをステップにして大井のジャパンダートダービーで活躍する馬がしばしば出ている。無傷2連勝中のハピ、ダートでは4戦4連対のセイルオンセイラーなどが出走し10頭立てとなった。

■フリーウェイSにアヴェラーレなど
 東京10Rは芝1400mのフリーウェイS(3勝)。得意の東京で巻き返しを狙うアヴェラーレ、前走同条件で2着のテンハッピーローズ、昇級後も僅差の好走を続けるブルースピリットなどがオープン入りを目指す。

■レイワホマレの帰国初戦
 東京5Rはダート1400mの3歳1勝クラス。前走でUAEダービーに挑戦し6着だったレイワホマレが帰国初戦を迎える。鞍上は川田将雅騎手。他に、既走馬相手のデビュー戦を快勝したヴァンダービルト、アロゲート産駒シェイリーンなど。

■地方では2重賞
 水沢競馬場では18時05分にダート1900mのあすなろ賞が行われ、2年連続連対しているパンプキンズなどが出走。佐賀競馬場では18時15分に佐賀ヴィーナスCが行われ、重賞3勝馬ダノンレジーナや前年覇者ロカマドールなど南関東から参戦する有力馬を、地元のミスカゴシマ、アンバラージュらが迎え撃つ。

関連リンク

  • 5/22 13:28
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます