間宮祥太朗、占いで“性豪”指摘されるも「今は落ち着いた」?

拡大画像を見る

 俳優の間宮祥太朗が5月16日、「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に出演。思わぬ指摘を受けて、まさかの告白を行った。

 間宮は現在、主演を務めているドラマ「ナンバMG5」(フジテレビ系)で共演している俳優の宇梶剛士やタレントの鈴木紗理奈とともに出演し、占い師の大串ノリコ氏から鑑定を受けた。

 大串氏は間宮の手相について右手の感情線と知能線がくっついて手の平を横切る1本の線になっているという珍しい「ますかけ線」があることを指摘。ますかけ線は「天下取りの相」と言われていることを説明する大串氏だが、一方で「サルなんですよ」と性欲おう盛な側面もあることを示唆した。

 さらに大串氏は「今は(性欲が)減退気味なのかもしれない」と指摘。これに間宮は苦笑していると、鈴木が「そうなの? 減退してるの?」と追及してきたため、間宮は「まぁどうですかね。昔に比べたら落ち着いたかなっていう‥‥」と明かした。その様子に宇梶は思わず「そういうことは言わないほうがいいよ」と間宮を制止するひと幕も。

 ネット上でも《素直に答えなくていいのにw》《間宮くん、ドンマイ!》《そう言うしかないよね。性欲めちゃくちゃありますよとも言えないし》など宇梶のアドバイスに賛同する声が続出した。

「間宮は昨年6月23日にも同番組に俳優の眞栄田郷敦とともに出演していたのですが、その時は『眞栄田さんを童貞タイプとするならば、間宮さんはプロタイプ、めちゃくちゃテクニシャン』『自分では普通だと思っていても、手のパワーと下半身の力、持久力が凄まじい』『アクロバティックの星というのも出ている』などと言われ、あたかも経験豊富な性豪のように扱われた。間宮は驚いて思わず席を立ち上がったものの、否定はしていませんでした」(芸能記者)

 この1年で、間宮に何があったのだろうか。

(柏原廉)

関連リンク

  • 5/21 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます