いしだ壱成、俳優で再起誓うも「錯乱ツイート」連発……表舞台から姿消した“4年前の騒動”と共通点も

 5月20日配信のニュースサイト「東スポWeb」が、俳優・いしだ壱成のインタビューを掲載した。いしだは前日の19日、自身のTwitterでビルから飛び降りることを予告し、ネット上を騒然とさせていただけに、業界内からも心配の声が出ているようだ。

 1990年代にヒットした“月9”ドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)シリーズなどに出演したいしだだが、近年、俳優として表舞台に立つ活動はゼロに等しい状況だ。私生活では、2018年に24歳年下の女優・飯村貴子と自身3度目の結婚に至り、2人の間に産まれた女児と一緒に石川県へ移住したものの、昨年12月に離婚。

 その後、いしだは今年3月発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で、自身が行ったクラウドファンディングの支援者から、予定されていたリターンが実現していないと告発を受けたほか、飯村がバイトしていたラーメン店店主に“無免許運転疑惑”を暴露される事態に陥った。しかし本人は、こうした醜聞は“どこ吹く風”といった様子で、5月9日にはYouTubeチャンネル「いしだ壱成 / Issei Ishida」を開設し、俳優業での再起を目指しているようだ。

「いしだは、今月15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)にゲストとして呼ばれるなど、にわかにメディア露出を増やしていました。ところが同19日、自身のTwitterで、突然『あのビルから飛んでやるわ』(原文ママ、以下同)と発信。ほかにも『素人は黙ってろ』『簡単だよ死ぬのは』『さよなら!!!!!!F〇CK OFF!!!!』といった不穏なつぶやきを連発していたんです(現在は全て削除済み)」(芸能ライター)

 これらのツイートに気づいたネットユーザーの間では、「いしだ壱成の様子がおかしい」「ビルから飛び降りるってこと? ヤバくない?」「誰か、いしださんの関係者の方は連絡してあげてほしい」などと大騒ぎになった。

「翌日の『東スポWeb』にいしだが登場し、ツイートの真相を語ったことで、ひとまず安否確認は取れました。インタビューでいしだが明かしたところによると、同17日、ライブ配信アプリ『ふわっち』で生配信を行った際、画面に女性スタッフの姿が映り込んだことで、ファンから2人は“男女の関係”ではないかと疑われてしまったそう。その理不尽さに耐え切れず『死のう』と思ったといいます」(同)

 また、仕事で使用するスマートフォンに、いしだを批判するLINE電話が頻繁にかかってきたといい、同紙を通じて「仕事に集中させてほしい」とも訴えていた。あらぬ疑いをかけられ、気が滅入ってしまうのも無理ないが……。

「いしだの錯乱ぶりは、4年前の騒動を彷彿とさせます。当時、いしだはTwitterユーザーから容姿に関する誹謗中傷を受け、『いい加減にしろや若造が』『覚悟しとけや。死ぬよ?』などと反撃。いしだの言葉遣いをたしなめるユーザーに対しても『トーシロは黙ってろや』と暴言を吐き、その後、Twitterアカウントごと削除して、表舞台から姿を消していたんです」(テレビ局関係者)

 俳優業での再起を誓っていた中、またしても同様の騒ぎを起こした形だが、今回は、「これが影響して、表舞台から消えるということはないだろう」(同)という。

「いしだは比較的早くに一連のツイートを削除し、また『東スポWeb』の取材によって、投稿の背景がすぐに世間に広まったので、このまま騒ぎは収まるでしょう。ただ、前回の騒動時とも共通して、いしだは『素人は黙ってろ』とツイートするなど、一般人からの“攻撃”に心を激しく乱され、衝動のままに“反撃”ツイートをしてしまうところがある。こういった荒れ方を繰り返すのを見ていると、いしだのメンタル面が心配になります」(同)

 「東スポ」に登場した同日には、『ポップUP!』(フジテレビ系)にもVTR出演し、今後の仕事について「この1週間で受けた仕事だけで、ドラマ1本、映画が2本、舞台が3本。(来年)2月までは俳優としてはスケジュールが埋まりました」と報告していたいしだ。演技力には定評のあるだけに、心穏やかに俳優業に専念できることを祈りたいものだが……。

  • 5/21 12:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます