松本人志の食事会はトガッた後輩の“大オーディション会場だった” 今田耕司が証言

拡大画像を見る

 お笑いタレントの今田耕司が19日放送の『かまいたちの知らんけど』(毎日放送/毎週木曜23時56分)に出演。後輩芸人たちがダウンタウン・松本人志との食事会で見せた驚きの言動について「大オーディション大会」と表現し当時を振り返った。

 この日の番組は、MCのかまいたちが先輩芸人の今田をゲストに迎えてトークを展開。平成と令和のお笑い界の違いについて話が及ぶと、次長課長河本やフットボールアワー後藤の若手時代について振り返り、プライベートの食事会でも本番さながらの鋭いツッコミを見せていたことを明かした。

 さらに今田は、大阪で活躍し東京に活路を見出そうと上京してきた後輩芸人たちについて「一緒に飲んでる先輩に“おもろいって思われな…”というのでものすごい時代やった」と回想。特に当時からカリスマ的人気を博していた松本が参加する食事会での当時の若手芸人たちの気合の入り方は凄まじかったらしく「オレは普通に楽しく飲もうと思うけど、そんな心境で来てなかってん彼らは」と語った。

 ある日の食事会では、ブレーク前で髪型が丸坊主だった星田英利が店にあったつまようじを手に取りそれを頭に刺して“たこ焼き”と一言。この体を張った星田のボケに、今田は「たこ焼きやないがな! 血ぃ出てるがな!」とツッコんだとのこと。血気盛んな後輩芸人たちが参加した松本との飲み会について、今田は「大オーディション大会」と表現していた。

関連リンク

  • 5/20 20:05
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます