藤田菜七子を秒速で抜き去った女性騎手・今村聖奈「40勝して新人賞を取る」のテッパン根拠

拡大画像を見る

「みなさんがビックリするほどの成績を上げるとみています」

 今村聖奈のデビュー前、競馬解説者の細江純子氏が放ったこの「予言」はやはり、正しかった──。

 JRA4人目の現役女性騎手にして、新人ながら既に9勝(5月15日時点、以下同)。

 その躍進ぶりに、競馬ライターも目を細める。

「最近は毎週勝っていますね。これは凄いことですよ」

 先達である藤田菜七子(2勝)、永島まなみ(5勝)、古川奈穂(4勝)を、早くも凌駕。彼女らといったい何が違うのか。競馬ライターが続けて解説するには、

「フォームも一目見て彼女だとわかるし、先行しても差してきても、馬がしっかりと伸びてくる。コーナリングも確かですよ」

 案の定、馬主からは「今村を乗せてみたい」との要望が高まっているようで、トレセン関係者も、その実力に太鼓判を押す。

「今後、ケガなどしなければ、40勝以上して新人賞を獲得するでしょう。エージェント(騎乗依頼仲介者)もしっかりしており、福永祐一、岩田康誠、岩田望来も同時に担当する敏腕です。乗鞍はどんどん増えていくでしょうね」

 競馬ファンはぜひ、馬券に結び付けてほしい。

関連リンク

  • 5/20 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます