日本維新の会・藤巻健太衆議院議員「三角関数よりも金融経済を学ぶべきではないか」発言がネットで議論に

拡大画像を見る

5月17日、日本維新の会所属の衆議院議員がTwitterにて

「三角関数よりも金融経済を学ぶべきではないか」
金融教育をテーマに、財務金融委員会で議論させて頂きました。

とツイート。発言を行っている写真をアップした。
発言に対しネット上では賛否両論、さまざま意見が出ていたようである。「いいね」の数に対しリツートや引用リツートの数が多い場合は、比較的否定的な意見が多いのだが、今回「いいね」が約2400に対し、引用ツイートは7000近くに上っていた(※5月20日現在)。

翌18日、藤巻議員は自身のツイートを引用し

三角関数は人類の叡智であり、私達の生活の基盤を支えているものです。 しかし特定の職業に就く方々に必要とされる専門知識の範疇ではないでしょうか? 全国津々浦々の高校生に教える知識としては、三角関数よりも金融経済の基礎の方が優先度が高いと考えます。

とツイート。その後も、

車の安全な運転の仕方を知ることは大事だが、車の構造は知らなくていい。
電子レンジの操作方法は知る必要があるが、電子レンジの仕組みは知らなくていい。
三角関数が多くの技術に応用されているのはわかるが、必ずしも知っている必要はない。

等、この件に関しツイートを続けていた。

いずれも反響を呼んでいたが、やはり「いいね」の数よりもリツートや引用ツイートの数が多いという状況だったようである。

関連まとめ:
三角関数は必ずしも知っている必要はない。→知らないと・・・・
https://togetter.com/li/1889172[リンク]

※画像は『Twitter』より

関連リンク

  • 5/20 13:10
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます