アニメ映画『ゆるキャン△』「大人になったねぇ」としみじみ!花守ゆみり「銀幕でも飯テロは衰えませんでした」キャスト登壇イベントレポ

TVアニメ第1作目が2018年1月から放送スタートし、キャンプブームを巻き起こした『ゆるキャン△』シリーズ最新作・映画『ゆるキャン△』の7月1日(金)全国ロードショーを前に、5月15日(日)にキャスト登壇イベントが実施されました。

映画『ゆるキャン△』の公開を記念して、アニメ『ゆるキャン△』シリーズ「映画館で野外活動〜テストキャンプ上映会〜」を開催し、花守ゆみり(各務原なでしこ役)、原紗友里(大垣千明役)、高橋李依(⻫藤恵那役)が登壇しました。

「キャンにちは!」の挨拶からイベントは元気よくスタート。TVアニメ第1作目の第1話~第5話までをスクリーンで上映した本イベントで、改めて印象的なシーンを聞かれた花守さんが早速会場に向けて「もう皆さん、空がつながるところ見ちゃったんですよね?!」と第5話の名シーンを挙げ、原さん・高橋さんもこれには賛同し大盛り上がり。高橋さんは「斉藤がキャンプにハマり始める前の第1作目はすごく新鮮」と、間接的な友達からだんだんと仲良くなっていく関係性のリアルで絶妙な変化が見どころだと話しました。

キャラクターデザインの変化にも話題は発展し、原さんは「お洋服がいっぱいあって」と毎週たくさんの資料を見ていたと制作の裏側を明かすと、花守さんは「丁寧に靴下まで描いてあって、柄も入ってたり…毎回考えて下さってるのすごいなって」とそれぞれに衣装には注目。原さんは中でも、服を着回しているところがすごく良いと語り「これこの間履いてた靴だ!とか、マフラーはいつも一緒とか、そいうところも楽しんで欲しいね」とTVシリーズを一層楽しめるポイントを語りました。

ここで映画『ゆるキャン△』の最新情報が解禁に! メインビジュアルがスクリーンに映し出され、会場では喜ぶファンの様子が伺えました。メインビジュアルを目にした3人は「みんなでキャンプしてるね!!」と大盛り上がり。高橋さんが「細かいところ見ると、真ん中のテーブル、豪華になってる!…とか(笑)」と大人になったから彼女たちならではのアイテムを指摘すると、花守さんを初め一同が「大人になったねぇ…」と、キャンプを満喫しているキャラクターの姿を見てしみじみ。

続いて、本編映像がスクリーンに投影されると会場からは大きな拍手が湧き上がりました。花守さんは「今の映像だけでも飯テロ箇所がいくつかありましたね」と『ゆるキャン△』には欠かせない”おいしいご飯”に注目。「おいしそうだったね…」と原さん・高橋さんもそのシーンには釘付けに。

入場者プレゼントの特典コミックス情報も発表され、84ページという大ボリュームに驚く原さんや、中面にある原作者・あfろ先生のコメントを読み上げたい気持ちを花守さんがぐっと堪える場面も。

イベント最後には、 高橋さん「アフレコは順調に終わりました!今ご覧いただいた映像にばっちり声を当てさせていただきました。きっと皆さんに『ゆるキャン△』が帰ってきたな、その先が描かれているんだなと思っていただける“変化と継続”がぎゅっと詰まった作品になっていると思います。ぜひ期待して映画館に足を運んでいただけると嬉しいです。」

原さん「とてもお話ししたいことがいっぱいあるんですけど、ネタバレしてしまいそうで…本当に、今までの『ゆるキャン△』シリーズを愛してくださった方がとても楽しめる作品になっていると思います。初めてご覧になる方も『こういう世界なんだ!』と、すっと入ってくる作品になっているので、ぜひ皆さんで観ていただいて『”映画館で野外活動”とはこういうことか!』という気持ちを味わっていただければ」

花守さん「今回の映画ではパートごとに声を録らせていただいてたのですが、彼女たちの成⻑だったり、変わらないところだったりを見て『ちょっと一回深呼吸しよ!(笑)』って、みんなと『大人になってる…!』とか話をしながら進めていました。そして飯テロが今回もすごいです、銀幕でも飯テロは衰えませんでした。完成した画とか音楽が合わさった時に、映画館でどんな『ゆるキャン△』が見れるのか、私たちも完成が楽しみです。ワクワクとドキドキ、皆さんにどう受け取ってもらえるか期待でいっぱいです。きっと喜んでもらえる映画になっているのではないかなと思います。ありがとうございました!」 と公開に向けた思いや見どころでそれぞれが締めくくり、映画『ゆるキャン△』に更なる期待が膨らむイベントとなりました。

関連記事: アニメ映画『ゆるキャン△』大人になった5人のメインビジュアル解禁!入場者特典は描き下ろし漫画24P含む全84Pの完全保存版 https://otajo.jp/107752

アニメ映画『ゆるキャン△』なでしこはアウトドア用品店員・リンは編集者・恵那はトリマー!大人版プロフィール&待望の特報映像解禁 https://otajo.jp/106785

映画『ゆるキャン△』2022初夏公開!ティザービジュアル解禁 あfろ「脚本、設定などほぼゼロから京極監督たちと確認を重ねて」 https://otajo.jp/103133

名曲『春よ、来い』カバー楽曲にのせ思い出を巡る『ゆるキャン△ SEASON2』新MVに「なぜか泣いてしまう」「郷愁が止まらない」の声 https://otajo.jp/98262

映画『ゆるキャン△』公開情報

2022 年 7 月 1 日(金)全国ロードショー 【INTRODUCTION】 きっと誰かに伝えたい。 劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”がここにある。 マンガアプリ『COMIC FUZ』(芳文社)にて連載中のアウトドア系ガールズストーリー『ゆるキャン△』。 山梨県や静岡県を舞台に、女子高生たちがキャンプに行く姿やその日常を描いた本作は、原作者あfろ本人の経験・取材から生み出された現実感あふれるキャンプストーリーと、作中で描かれるゆるやかな雰囲気で、2015年の連載開始当初から多くのファンを魅了し、原作コミックスは累計700万部突破。2018年にはTVアニメーションシリーズの第一作目となる『ゆるキャン△』、2020年にスピンオフ作品の『へやキャン△』、2021年に『ゆるキャン△ SEASON2』が制作され、今なお続くアウトドアブームをけん引している。

そして 2018 年の制作発表から4年、最新アニメーション作品となる、映画『ゆるキャン△』がこの夏、ついに劇場にやってくる。

アニメーション制作はこれまでのTVシリーズを手掛けてきた C-Station。スタッフは『ゆるキャン△』『ゆるキャン△ SEASON2』でも監督を務めた京極義昭をはじめ、お馴染みの制作陣がスクリーンでも集結。脚本は、『ゆるキャン△』『ゆるキャン△SEASON2』シリーズ構成の田中仁と、『へやキャン△』シリーズ構成の伊藤睦美がタッグを組み、物語を紡ぐ。キャラクターデザインは、すべて原作者あfろが本作のために生み出したキャラクター原案をもとに、TVシリーズから引き続き佐々木睦美が担当。映画でも徹底した取材を行い、細やかで贅沢な空気感がスクリーンで演出される。 音楽は、「ゆるキャン△サウンド」には欠かせない立山秋航が制作。これまでにない規模のレコーディングを実施し、劇場ならではのサウンドをお届けする。 そして、花守ゆみり・東山奈央などお馴染みのキャスト陣が物語を彩っていく。

【原作者・あ f ろ監修 完全オリジナルストーリー】 高校時代、キャンプを通じて関係を育んでいった、なでしこ、リン、千明、あおい、斉藤。時を経てそれぞれの道を歩んだ 5 人が、とあるきっかけでキャンプ場を作ることに。 『ゆるキャン△』が演出する、自然の美しさや美味しい食事、焚火を眺めるようなゆったりと流れる時間——。 「美味しいご飯を食べたり、きれいな風景を眺めたり、温泉にゆっくり浸かったりして……明日もまた頑張ろう」 そんな気持ちになれるひと時の体験。 2022年の夏は、映画館で野外活動しよう。

≪STAFF≫ 原作 あfろ (芳文社「COMIC FUZ」掲載) 監督 京極義昭 脚本 田中 仁 伊藤睦美 キャラクターデザイン 佐々木睦美 プロップデザイン 井本美穂 堤谷典子 メカデザイン 遠藤大輔 丸尾 一 色彩設計 水野多恵子(スタジオ・ロード) 美術監督 海野よしみ(プロダクション・アイ) 撮影監督 田中博章(スタジオトゥインクル) デジタルワーク C-Station digital CG ワーク 平川典史(M.S.C) 音響監督 高寺たけし 音響制作 HALF H・P STUDIO 音楽 立山秋航 音楽制作 MAGES. アニメーション制作 C-Station 配給 松竹 オープニングテーマ 亜咲花「Sun Is Coming Up」 エンディングテーマ 佐々木恵梨「ミモザ」

≪CAST≫ 各務原なでしこ:花守ゆみり 志摩リン:東山奈央 大垣千明:原 紗友里 犬山あおい:豊崎愛生 斉藤恵那:高橋李依 ほか

公式 HP https://yurucamp.jp/ 公式 Twitter @yurucamp_anime (C)あfろ・芳文社/野外活動委員会

画像をもっと見る

関連リンク

  • オタ女で読む
  • 5/20 11:45
  • オタ女

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます