手取り11万円の20代女性「ぎっくり腰で5000円の出費が痛手。たかが5000円でもきつい」

拡大画像を見る

キャリコネニュースでは、手取り20万円以下の読者からの投稿を募っている。彼氏と同棲中だという20代後半女性(熊本県/サービス系/未婚)は、

「30代の彼は手取り25万円ほど、自分は手取り11万円ほど。家賃や光熱費合わせて月10万ほどを折半しています。自分の生命保険や車のガソリン代、食費もあるので、残るのは1~2万円程度。なので、突然くる体調不良の出費がつらいです」

と切り出し、やりくりの苦労を語りはじめた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「その数千円があれば食費に充てられる」と考えてしまう

必要最低限の支出を除いて手元に残るのが2万円以下となると、イレギュラーの出費が大きく響く。女性は、

「先日もぎっくり腰になり、病院で検査し薬をもらいましたが痛手でした。金額でいけば5000円ほどでした。たかが5000円!と世間はなるかもしれませんがきついです。それだけあれば、2回は食料品を買い物することが容易いのに……」

とカツカツの生活ぶりを明かす。お金のことが常に頭にあり、精神的に追い詰められているようで、

「遊びに行ったりしたいけど『その数千円があれば食費に充てられる』みたいな考えになって、心の底から遊ぶことができません。先日下着にガタがきたので仕方なく買いましたが、ブラジャーやショーツって高いので痛手でした。消耗していたのでさすがに買わないといけないと思い買いましたが、キツかったです」

「普段着ている洋服もここ数年買っていません。買う必要がないうちは買いません。そこに割くお金はないから買いません。今のところ冠婚葬祭がないので助かっていますが、そのあたりが発生するとやりくりがしんどいです」

とこぼした。では、女性よりも手取りの多い彼氏に生活費を多く負担してもらうことは難しいのだろうか。女性は彼氏について、

「彼は生活費として私に預けるお金以外貯めている節が見受けられず、何かあったとき頼りにくいです。この先お互いの両親の面倒だって見なければならなくなるだろうし、不安しかありません」

と綴る。「せめて手取りがお互い上がればいいねと普段から話しております」と、収入が少ないという共通認識だけはあるようだ。

なかなか相談しにくいことではあるが、1人で抱え込まず苦労や不安は打ち明けておくほうがいいのでは?と思えてならない。

関連リンク

  • 5/19 18:08
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ちろりーぬ

    5/21 19:34

    医療費だったら、市町村役場などに相談して限度額適用認定証が発行できるか聞けばよろしいのではないでしょうか。

  • 観音寺六角

    5/21 18:59

    4泊5日の入院で15万飛びます😱病気がただの贅沢病になってる昨今😶

記事の無断転載を禁じます