沢口靖子『科捜研』終了報道の陰で…「マニア人気NO.1」トンデモ刑事ドラマも今季打ち切り「枠消滅」ラスト危機

拡大画像を見る

 本筋は真面目な刑事ドラマながらもツッコミ不在のコントのような展開が淡々と続くことからカルト的な人気を誇る内藤剛志(66)主演の『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)シリーズ。今年4月14日放送の『シーズン6』で10周年を迎え非常に盛り上がりを見せている一方で、残念な知らせが入ってきたという。

「21年11月4日号の『女性セブン』(小学館)などが報じていますが、このシリーズが放送されている木曜20~21時の『木曜ミステリー』枠が7月クールでラスト、つまり10月には消滅するといいます。テレビ朝日は若い“コア層”をメインターゲットにした番組作りにシフトしつつあり、新たなドラマ枠を火曜日21時にもうける予定だといいます。

 実際、今回の『シーズン6』は、劇中で“完結”を思わせる描写が多数あるんですよね」(女性誌記者)

 1つは、これまでは1話完結の刑事ドラマだった『警視庁捜査一課長』だったが、今シーズンでは「第1・2話の関係者が第5話の事件の裏側で何者かに拉致されていた」「意味深な人影が出てきたが、その回で何も説明がなかった」と、ストーリーに連続性があること。

 2つ目は、第1話でレギュラーキャラの刑事を演じる斉藤由貴(55)が唐突に、

「あの、あたし最近ちょっと、イヤな予感がするんですよね。私たち3人がバラバラになっちゃうような……まぁちょっとしたカンなんですけど」

 とあまりにも露骨な伏線を張っていること。

 そして3つ目は、登場人物の掘り下げだという。

「主人公の大岩捜査一課長が過去に扱った事件で知り合い娘同然に大切に思っていた、というキャラが1話に登場しただけでなく、レギュラーキャラクターのナイツ・塙宣之(44)が演じる刑事について“過去は熱血漢だったが妻を亡くしたショックで感情が薄く、セリフも棒読みのようになってしまった”という過去が明かされています。同じくテレ朝の『科捜研の女』のような風呂敷の畳み方をするのかもしれません」(前同)

■『科捜研の女』は復活するが…

 1999年にシーズン1が放送し、今年4月7日に最終回を迎えたシーズン21の時点で現行テレビドラマで最多長寿記録を誇る沢口靖子(56)主演の刑事ドラマ『科捜研の女』だったが、シーズン21の最終回は主人公のマリコにレギュラーメンバーが思い思いの言葉をかけて、最後にマリコが視聴者に語り掛けるような目線で「今まで本当にありがとう」と語る、という完結を意識させるものだった。

「ただ、『科捜研の女』については、沢口さんが長年の功労者であること、テレ朝と沢口さんの事務所が正式に合意していないのに終了報道が相次いだことから協議を重ねた結果、10月スタートの火曜9時枠で、1クール限定の復活をする運びになったと5月9日に『週刊女性PRIME』が報じています。『捜査一課長』もコアな人気を誇ってきただけに、枠を移動しても続けてほしいところですが……」(前出の女性誌記者)

 今シーズンは、放送前から注目を集めていた木村拓哉(49)主演の『未来への10カウント』の前時間帯に『捜査一課長』が放送されていることもあり、いつも以上に関心が寄せられているが、以前からコアなファンに愛されていたという。

「当初こそオーソドックスな刑事ものだったんですが、シリーズを重ねるごとにどんどんギャグ描写がエスカレート。若いファンを取り入れたい思いからか、ピアニストのハラミちゃんとか、コロッケ屋の店長にものまねタレントのコロッケさん(62)を起用したり、宣伝にTikTokを使ったり、広報用のツイッターアカウントは癒し系猫画像の方が投稿率が高かったり……あまりの独自路線で、唯一無二のドラマと化しています。現状で最新話の第5話(5月12日放送)1つ見ても、スタッフやキャストが大真面目にバカをやっているのが伝わってきます」(前同)

■「一発屋プログラマーの遺体」に一発屋芸人を呼ぶ

 本作は内藤演じる大岩の元に「ご遺体」の入電が入るのがお約束だが、第5話で「一発屋と二番煎じのご遺体」として登場したのは、「オッパッピーのポーズのまま撲殺されている小島よしお」というコントの導入としか思えない絵面だった。

「劇中では“一発屋の天才プログラマーで二番煎じのお茶が嫌い”という役で、“おっぱっぴー”ならぬ“OPP”が決めセリフだったり、関係ないキャラのセリフに“そんなの関係ねぇ!”に近いフレーズの単語を仕込んでいたりとやりたい放題。それでいて本筋は被害者が本当に善人で“人のまねをしても二番煎じ三番煎じと薄まっていくだけ”という信念がある、というマジメなものでした。このギャップも面白さに拍車をかけています」(前出の女性誌記者)

 なお、毎回意味不明な方法で登場してアドバイスを送る名物キャラ笹川刑事部長(本田博太郎)は今回、「本部においてあったVRゴーグルを装着するとなぜか仮想空間で待ち構えてアバターでいろいろコスプレしながら教えを説く」という、相変わらずシュールなものだった。

「そんな風に話題を呼んでいる『捜査一課長』ですが、第5話の視聴率は9.6%。21年放送のシーズン5は最低視聴率でも10.0%だったので数字が少し落ちてはいますが、本番組は16年に熊本地震で途中打ち切りになった回のやり直し放送をしたとき以外は9%を下回ったことのない安定した数字を出している。終わらせるのは、惜しい気もします」(前同)

 19日放送の第6話では、第3話に出演するも1度も大岩らとは顔を合わせずに出番を終えてしまったデヴィ夫人が再登場することから、早くも注目を集めている。

 独特な雰囲気なドラマだけに終わらないでほしいものだが、果たしてー-。

関連リンク

  • 5/19 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます