降板・ビートたけし、立川志の輔、坂上忍、上沼恵美子…テレビ局「大御所リストラ」その後の明暗

拡大画像を見る

 大物のリストラが相次いだ、春の番組改編。特に大きな話題となったのは、坂上忍(54)が8年間、MCを務めたフジテレビ系『バイキングMORE』の終了だ。

「坂上には動物保護ハウスの運営に力を注ぎたいという思いがあり、番組は終了となりました。ただ、フジとしても炎上が多く、さらにギャラも高い彼に見切りをつけ、切り替えを模索していたのは事実です」(全国紙放送担当記者)

 実際、同時間帯に始まった情報番組『ポップUP!』では自局の山崎夕貴アナ、佐野瑞樹アナがMCを務め、大幅なコストダウンに成功。だが、初回の世帯視聴率は3.2%(個人視聴率1.6%)。『バイキングMORE』の最終回は同4.8%(同2.4%)だったので、視聴率まで大きくダウンしてしまったのだ。

「特に佐野アナが空回り気味で、早くも山崎単独MCへのマイナーチェンジを検討中です。ただ、スタッフは坂上時代と違って、のびのびと仕事ができていて、ドラマの番宣用番組と割り切ればいいとの声も。坂上さんも週5の帯番組から解放され、“前よりよく眠れるようになった”そうなので、お互いよかったのかも(笑)」(フジ関係者)

■TBS安住紳一郎アナが上層部に…

 ビートたけし(75)が卒業したTBS系の『新・情報7daysニュースキャスター』からは、こんな話が。

「置物状態のたけしさんに、もう高額ギャラは払う余裕はなかった。本人は“体力がきつくて”と話していましたが、実際は“引退勧告”でした。滑舌が悪く、往年のキレを期待する視聴者が離れていましたからね。MCを務める、TBSで役員待遇の安住紳一郎アナも“そろそろたけしさんも……”と上層部に話したとも聞きます」(番組関係者)

■怒りが収まらない東西の大御所2人

 怒りが収まらないのは、東西の大御所2人。1995年のスタートから、実に27年の歴史に幕を下ろしたNHK『ガッテン!』の司会を務めた立川志の輔(68)と、同じく95年スタートの『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(テレビ朝日系)が終了となった、関西の女帝・上沼恵美子(67)だ。

「志の輔はライフワークと公言してきた番組から、寝耳に水の終了通告を受け、驚いたといいます。視聴率も悪くなかったが、“若返りを図りたい”というNHKの説明を受け入れたといいます」(夕刊紙記者)

 後継番組の『あしたが変わるトリセツショー』では、石原さとみ(35)がMCに就任。しかし、すぐに産休に入ったため、代役を立てることに。それが志の輔より高齢の市村正親(73)だった。

「これには温厚な志の輔もさすがに怒って、“もうNHKには出ない”とカンカンだとか。番組の企画内容も生煮え状態で、局内でも“『ガッテン!』のままでよかったのでは”との声も出ています」(前同)

●DAIGOの奮闘でTwitterトレンド1位

 上沼は、『おしゃべりクッキング』終了について、「感謝しかない」と、月刊誌で手記を発表したが、「後を継いだ、『DAIGOも台所~きょうの献立何にする?~』が気に入らないようです。“あんな、何もできないコ連れてきてホンマに”と周囲へのグチが止まらない。ただ、料理初心者のDAIGOの奮闘ぶりが主婦に好評で、初回放送でツイッターのトレンドで1位になるなど、番組の出だしは絶好調です」(芸能記者)

 テレビをめぐる、大物タレントたちの悲喜こもごも。芸能リポーター・城下尊之氏は、こう話す。

「“昔の名前”では仕事ができない。大物たちも還暦過ぎたら、仕事以外の生きがいを探したほうがいいかもしれませんね」

 老後は、ゆっくり過ごすのも悪くない!?

関連リンク

  • 5/19 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます