暴徒化する感染者たち、逃げ惑う人々…『哭悲/THE SADNESS』凶悪&震撼の場面写真

拡大画像を見る

世界のジャンル系映画祭を席巻した台湾発のエクストリーム・ホラー『哭悲/THE SADNESS』より、場面写真が解禁。ウイルス感染で凶暴化した市民たちの恐ろしい姿が写し出されている。




感染者の凶暴性を助長する謎のウイルスの感染拡大により、暴力で溢れかえる台湾を舞台に、再会を果たそうとする男女を描く本作。個性的な短編映画などで注目されていたロブ・ジャバズ監督が、長編初監督を務めた。様々な名作ホラーからインスピレーションを得て作られた本作は、パンデミックを経験した後の世界で暴力が横行するという、決して絵空事とは言い切れない衝撃作だ。

この度、ウイルス感染により衝動が抑えられず、凶暴化した感染者たちや彼らから逃げ惑う恋人たちの姿をとらえた場面写真が一挙解禁された。

斧を片手に持つ血まみれのビジネスマンや電車内でナイフを振り回し返り血を浴びて振り返る青年、大量の血がこびりついた服をきた白髪のロングヘアの得体のしれない人物。

ひとりの男性に群がり食らいつこうとする全裸の集団、手榴弾を握りしめる総統、嬉しそうに拳銃を構える警官…凶暴性がむき出しになった感染者たちはみな、満面の笑みを浮かべており、その姿から街の異常さが垣間見える。

そんな感染者たちから逃げ惑う、離れ離れになってしまった一組のカップル。想像を絶する残虐行為で溢れかえる台湾で、彼らは生き残り、再会を果たすことはできるのか…。

その残酷すぎる描写に世界が戦慄した本作。容赦なき展開を予感させる場面写真となっている。

『哭悲/THE SADNESS』は7月1日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
哭悲/THE SADNESS 2022年7月1日より新宿武蔵野館ほか全国にて公開
©2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 5/19 17:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 欧米では、猿の天然痘が、人に感染して大騒ぎになっているね~(恐 人間の天然痘は、撲滅宣言をWHOがして、天然痘の予防接種しなくなったから、種痘していない人に感染拡大しているんだろうね~(恐 恐いのは、狂犬病だはな~(泣 脳にウイルスが入り込んで、増殖薬は、無いからね~(困 

  • トリトン

    5/19 20:00

    田舎に帰ったら東京からきたとか石投げたり張り紙したり来るなとありましたね。自分の母もバスツアー岐阜の人からかごやからきたのだからツアーに参加するな、、岐阜に来るなと何人かに言われたと聞きました。今では岐阜でも感染してるよね。このように考えたり言う奴の気が知れんわ。

  • いち(

    5/19 19:06

    マスク警察、自粛警察、マスク品薄での争奪合戦、紙騒動etc. 現実に起こってるやん。ま、この人達は感染者でなくとも発症してるからタチが悪いね。

記事の無断転載を禁じます