木村拓哉主演・テレビ朝日『未来への10カウント』は「ボクシング版『ドラゴン桜』」だった!視聴率10%台復活も「コア視聴率は同時間帯最下位」“見取り図にも惨敗”でテレ朝上層部は「顔面蒼白」事態!!

拡大画像を見る

 元SMAPの木村拓哉(49)が主演を務めるドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)の第5話が5月12日に放送され、世帯視聴率10.6%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第4話の9.6%から1.0ポイント上昇した。4月28日の第3話も9.9%だったため、2週間続いた1桁台から、ようやく2桁に戻した。

「ようやく盛り返したとも言えますが、テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率は、実は上がっていないんです。12日の第5話のコアは2.7%でしたからね」(制作会社関係者)

 同時間帯の『見取り図の間取り図ミステリー』(日本テレビ系)のコアは3.7%、『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)は3.3%、『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(TBS系)は2.8%を記録している。

「主要民放キー局の番組で『未来への10カウント』のコアはなんと最下位。これは12日だけではなく、ここまでずっと続いていますね」(前同)

 12日は高い人気を誇る『秘密のケンミンSHOW極』ではなく、見取り図の特番『間取り図ミステリー』が放送されたのだが、『10カウント』はこれにも負けてしまっている。

「『間取り図ミステリー』は同時間帯トップですから、『未来への10カウント』だけが悪いわけではなく、それだけ見取り図に勢いがあるという証拠かもしれません。ただ、木村さんといえば30年にわたってドラマで主演を張り、すべてのドラマでしっかりと数字を取ってきたスーパースター。それが初の1桁台ですからね……。

 テレ朝のドラマ制作部、編成幹部は、キムタクドラマ初の視聴率1桁台、そしてコア最下位に顔面蒼白状態だといいます。“木村さんのブランドに傷をつけた……”ということで、“なんとか穴埋めをしないと”となっているそうですが、誰かが責任を取ることになるのでは、とまでささやかれています。

 ただ、当の木村さんはそこまで気にしていないようで、“数字は仕方ない。視聴者が面白いものを作ろう”と、座長として現場を盛り上げていると聞こえてきています」(同)

■“ボクシング版『ドラゴン桜』”で世帯&コア視聴率の両取りを狙ったが……

『未来への10カウント』は、高校時代にボクシングで4冠達成という輝かしい成績を収めながら、たび重なる不運に見舞われて、生きる希望を失った木村演じる桐沢祥吾が、廃部寸前の母校のボクシング部のコーチを引き受け、熱い気持ちを取り戻す姿を描く。

 木村のほか、満島ひかり(36)、安田顕(48)、内田有紀(46)、King&Princeの高橋海人(23)、村上虹郎(25)など、豪華俳優陣が脇を固める。

 また脚本は、木村主演の『HERO』(フジテレビ系)や福山雅治(53)主演の『ガリレオ』などを手掛けてきた福田靖氏(60)ということもあり、放送前から大きな注目を集めていたが、数字はついてきていない。

「実は、『未来への10カウント』は“ボクシング版『ドラゴン桜』”のようなイメージで企画されたという話ですね。1エピソードごとに、問題を抱えた生徒それぞれに焦点を当て、木村さん演じる桐沢の熱血指導で変化をもたらし、生徒、そして桐沢の成長を描く――といった物語を目指したそうです。

 生徒役には『ドラゴン桜』(TBS系)にも出演したキンプリの高橋さんをはじめ、コア視聴率も期待できる若手タレントがそろっています。彼らを押し出しコア数字を狙いつつ、従来の“キムタクドラマ”のファンが持つ世帯視聴率の“両取り”を目論んだのでしょうが、現状は“二兎を追う者は一兎をも得ず”といった結果になってしまっているようです」(芸能プロ関係者)

 視聴率20%超を記録した『ドラゴン桜』をイメージして、ターゲットを広く設定したが、それが結果的には中途半端になってしまった、ということなのかもしれない。

「木村さんだけをフィーチャーした『HERO』や『プライド』(フジテレビ系)といった、従来の“キムタクドラマ”とも違ったつくりになったため、シニア層やキムタクドラマのファンも離れてしまい、世帯視聴率も落ちてしまったのではないか、という分析もあります。実際、“もっとヒーローのキムタクが見たいのに”という声が聞こえてきていますね。

 そもそも『ドラゴン桜』は漫画原作ですし、視聴者にも教訓や学びがある内容になっています。『未来への10カウント』もそこを目指したようですが、“ボクシング版『ドラゴン桜』”というのも言われないと分かりませんからね……」(前同)

■キンプリ高橋海人は『未来への10カウント』でも東大合格を目指す!?

 ちなみに『ドラゴン桜』で東京大学を目指す瀬戸輝を演じた高橋だが、『未来への10カウント』で演じる伊庭海斗も東大を目指すことになるようだ。

 視聴者からは「高橋海人東大めっちゃ好きやな。ドラゴン桜に続いて未来への10カウントでも東大目指しとるんか」「高橋海人がボクシングじゃなくて東大合格するための受験勉強始めたらこのドラマは未来への10カウントじゃなくてドラゴン桜に変わるんよ笑」といったコメントがネットには寄せられている。

「その点でも『ドラゴン桜』を意識しているのかもしれません。ただ、最終回の視聴率20.4%という大台を記録した『ドラゴン桜』とは違い、『未来への10カウント』は大苦戦していますからね。

 テレ朝上層部としても、なんとか盛り返さないといけないという焦りがあるでしょうが、最初のターゲット設定のところでズレが生じたため、同時間帯コア視聴率最下位かつ、木村さんドラマ初の世帯視聴率1桁、という不名誉な記録が出てしまったのかもしれませんね」(前出の芸能プロ関係者)

『未来への10カウント』は木村の“黒歴史”になってしまうのか、それとも奇跡的な巻き返しがあるのだろうか!?

関連リンク

  • 5/19 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます