フジ『TOKIOカケル』で“ジャニーズ共演絶対NG”「香取慎吾”消去”」が発生!?広瀬すずの“デビュードラマ”香取主演『幽かな彼女』“スルー事態”に視聴者大荒れ!

拡大画像を見る

 女優の広瀬すず(23)と俳優の松坂桃李(33)が5月18日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演。休日のルーティーンや人生で一番笑った爆笑エピソードなどを披露して番組を盛り上げた。そんな中、視聴者からは番組に疑問を呈する声が上がっている。

 番組中盤、「フジテレビで一番古い広瀬すずは?」という質問に、広瀬は「なんとなくドラマかなぁ……ドラマかぁ」と言うと、TOKIOの国分太一(47)が「答え合わせしてみましょうか」と応じ、VTRがスタート。

「フジテレビドラマ初出演は今から8年前のこちらのドラマ」というナレーションとともに、2014年4月クールに放送された佐藤健(33)と渡部篤郎(54)主演のドラマ『ビター・ブラッド』の映像、当時15歳の広瀬と佐藤のやりとりが映し出された。

 そして「フジテレビデビューは佐藤健さんの妹役でした」と再びナレーションが流れたのだ。

 これに一部の視聴者からは「広瀬すずが初めてのフジテレビのドラマ聞かれて幽かな彼女来た!って期待したらビターブラッドだって。でもどうやら本当はやっぱり幽かな彼女らしい。なんで? 慎吾出てるから?」「おすずがフジテレビで1番古い映像でビターブラッド出てきたけど幽かな彼女のはずなんやけど???? その過去消されてるんか?? やばいな」「今日のTOKIOカケルにて、またジャニーズへの忖度が起こりました」といったコメントがネットには寄せられている。

「広瀬さんは2013年4月クール放送の『幽かな彼女』に柚木明日香役で出演しているんです。にもかかわらず、“フジテレビ初登場”として翌年放送の『ビター・ブラッド』が紹介された、ということですね。

『幽かな彼女』で主演を務めたのは、元SMAPの香取慎吾さん(45)です。社内独立はしたもののほぼ現役ジャニーズタレントと言ってもいいTOKIOの番組で、“ジャニーズ事務所を強引に退所した香取さんの主演ドラマを流すわけにはいかない”といった忖度が働いたのではないか、と考える視聴者が少なくないんです」(女性誌ライター)

■ドラマ主題歌でも“ジャニーズ忖度”

 香取に関してはこれまでも“ジャニーズ忖度”が働いたことがあった、とたびたび報じられてきた。

 2月9日の『文春オンライン』によると、2021年1月クール放送の香取の主演ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)の主題歌にHYの楽曲が採用される予定だったものの、直前になってそれがひっくり返ったという。

 当時、HYの所属レーベルだったユニバーサルミュージックで邦楽を統括していた役員が、関係者に「ジャニーズと会社の関係性を考慮して、HYには辞退してもらうことになった」「今後も辞めジャニ案件が出てくるとは思うが、その都度慎重に対応してほしい」といった趣旨のメールを送っていたと記事では伝え、一部で波紋を広げた。芸能プロ関係者は言う。

「2019年7月の公正取引委員会がジャニーズ事務所を注意した件以後、同社がテレビ局やレコード会社に圧力をかけるようなことはありません。ただ、ジャニーズタレントを使いたいテレビ局、ジャニーズグループの楽曲をリリースしたいレコード会社側の忖度が働いてしまうことはいまだにあります。

 また、いまだに新しい地図と現役ジャニーズの共演はNGにされています。ただ、ジャニーズサイドも稲垣吾郎さん(48)と草なぎ剛さん(47)とはわだかまりはないようです」

 2021年3月の「日本アカデミー賞」授賞式では草なぎと嵐の二宮和也(38)が同じ舞台に立っている。

■香取慎吾“だけ”「絶対NG」のワケ

 前出の芸能プロ関係者が続ける。

「そんな中、香取さんだけは別だと言われています。実は、藤島ジュリー景子社長を含めた上層部は、現在でも香取さんには苦々しい感情を持っているようなんです。SMAP解散騒動のときから、香取さんはジャニーズ事務所に対してはっきりと苦言を呈し、頑なな態度を取っていましたからね。それがいまだに響いているみたいなんです」

 レコード会社の忖度が働いたと報じられた『アノニマス』も香取の主演ドラマだった。

「今回の『幽かな彼女』も香取さんのドラマということで、フジテレビサイドの忖度があった可能性も考えられる。

 ただ、ドラマはフジ系列の関西テレビ(カンテレ)制作でしたから、厳密に“広瀬すずのフジテレビ初登場”という定義では、カンテレ制作の『幽かな彼女』ではなく、フジ制作の『ビター・ブラッド』になった可能性もあるでしょうね」(前同)

 視聴者からは「幽かな彼女はフジテレビでなく、関西テレビなのか、だから、はぶかれたのかしら?」「ビターブラッドより幽かな彼女の方が前じゃないって思ったら関テレか〜w」といった冷静な声もある。

 一方で「みなさん呟いてるけど、TOKIOカケルで広瀬すずちゃんのフジドラマ初が『幽かな彼女』なのに、慎吾ちゃん主演だからとなかったことにされてる。フジ的にはカンテレ制作だから、フジテレビじゃないで誤魔化してるんだろうけど、あからさますぎて、嫌な感じ」といったコメントも寄せられている。

「カンテレ制作だろうがフジ制作だろうが、放送はフジテレビ系ですからね……。視聴者からするとやはり違和感がありますよね。『幽かな彼女』は広瀬さんの女優デビュー作品でもありますから、それをスルーしたことにも引っかかってしまう人がいたのではないでしょうか」(同)

 今回も、香取を巡って“ジャニーズ忖度”が働いてしまった!?

関連リンク

  • 5/19 11:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます