広瀬すず、別人級激変!大人の魅力全開のドアップショットに「あまりに可愛い過ぎる」「レベルが違います」驚きの声

拡大画像を見る

 女優の広瀬すず(23)が17日にインスタグラムを更新。「ルイ・ヴィトン」のアクセサリーをつけたドアップショットを公開した。

 この日、広瀬は「ルイ・ヴィトン」のピアスやブレスレットを着用したドアップショットを投稿。やや伏し目がちのアンニュイなショットや、カメラにもの欲しげなまなざしを向けている色っぽいショットもあり、普段よりも大人の女性らしい色気がアップしているようにも見える。

 広瀬のレアなドアップショットに、ファンからは「あまりに可愛い過ぎる」「日に日に美しさと大人っぽさが増してる」「若いのに凄い色気やね」「ちょっとレベルが違いますね!」「めちゃくちゃ大人っぽくなりましたね」「綺麗!誰かと思った!」「何か別人みたい。いろいろな顔があるんだね」「最初誰かわからんかった」「すーちゃんの自撮り珍しすぎて!」とさまざまな反響が寄せられている。

 広瀬といえば、松坂桃李(33)とのW主演映画『流浪の月』が公開されたばかり。同映画で広瀬は、世間をにぎわせた誘拐事件の“被害女児”である更紗という、シリアルな役どころを演じている。

■【画像】別人級激変のワケは過酷なダイエット!?広瀬すずのドアップショット

 15日に放送された『日曜日の初耳学』(TBS系)に出演した際には、同映画の李相日監督(48)から「はかなさを含めてシルエットを小さくしてほしい」と求められたことから「筋肉質なので、筋肉を落とす。使わない方がシルエットが小さくなる。運動をほぼやめた」「『ラーメンだけはダメ』ってトレーナーさんに言われて3、4か月我慢した。これまでは『スープも全部飲んで、チャーハンも餃子も頼んで、ビールもいって』と……」と、過酷なダイエットに励んでいたことも明かしていた。

関連リンク

  • 5/18 13:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます