永野芽郁、“西島秀俊と共演”新ドラマ7月TBS『ユニコーンに乗って』に早くも“パクリ指摘”!「アン・ハサウェイ主演映画に似すぎ…」、柴咲コウ&高橋一生“最強コンビ”で「大惨敗」『インビジブル』がよぎる「アブナイ予感」!!

拡大画像を見る

 5月17日、女優の永野芽郁(22)が2022年7月期に、連続ドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)で主演を務めることが発表された。火曜日夜10時からの放送で、永野がTBS系のドラマで主演するのは今回が初。スタートアップ企業の若きCEO、成川佐奈役を演じるという。

「永野さんが演じる佐奈は、金銭的な事情で大学進学をあきらめた自身の経験から、教育系の企業を立ち上げたという設定です。若い社員が多い企業でバリバリCEOとして働く中、一回り以上年が離れた“おじさんサラリーマン”が部下として転職してきたことをきっかけにさまざまな変化が起こる……というストーリーだといいます」(制作会社関係者)

 永野以外の主要キャストは、5月18日時点では発表されていないが、米アカデミー賞作品に出演した俳優や、90年代に伝説的な人気を誇った女優の出演が予定されているという。

「今回、『ユニコーンに乗って』には、主演映画『ドライブ・マイ・カー』が米アカデミー賞の国際長編映画賞を受賞した西島秀俊さん(51)が出演するそうです。永野さん演じる佐奈の部下になる“おじさんサラリーマン”が西島さんなのではないでしょうか。他にも、先日、第14回ベストマザー賞を受賞した広末涼子さん(41)も出るそうですよ。

 豪華キャストで、とても楽しみなんですが、実は、ある懸念の声も上がっているんです……」(前同)

 永野主演の7月ドラマ『ユニコーンに乗って』への懸念の声――。それは、世界の名優、ロバート・デ・ニーロ(78)とアン・ハサウェイ(39)が主演した2015年の映画『マイ・インターン』にあまりにも設定が似ているのではーーという指摘だ。

 SNS上では、『ユニコーンに乗って』の発表直後から「映画『マイ・インターン』が頭に浮かんだ、TBS火曜日新ドラマ」「スタートアップ企業に一回り年上のおじさんサラリーマン…なんか『マイ・インターン』みたいだな…」「めいちゃんの次のドラマ、『マイ・インターン』的なことがやりたいのかな」といった声が多く投稿されている。

■ロバート・デ・ニーロ=西島秀俊!?

 映画『マイ・インターン』では、妻に先立たれ、定年退職後のんびりとした生活を送っていたロバート・デ・ニーロ演じる70歳のベンが、ひょんなことからアン・ハサウェイ演じるファッション通販会社の社長、ジュールズ・オースティンの下でインターンをすることになる、というあらすじだ。

「アン・ハサウェイ演じるジュールズが経営する会社は、若手スタッフが中心の、設立から1年半しか経っていないスタートアップ企業。ジュールズは、アメリカの若手経営者のステータスであるハーバード大学を卒業していないことをコンプレックスに思っていますが、日々とても忙しく働いており、会議も5分刻みでスケジュール調整をするほどです。

 ベンは働いていた業界こそ違うものの、ベテランのサラリーマンとしての経験を生かして、スタートアップ企業の若い同僚たちの業務や生活も改善していく、といった話です」(女性誌ライター)

『ユニコーンに乗って』の脚本家、大北はるか氏が発表したコメントでは、〈佐奈の夢を支えようと集まった仲間たちとの絆や複雑な恋模様も描いていきます。彼らの奮闘を通して、勇気と癒しと胸キュンをお届けします〉と、永野演じるヒロインのみならず、他のキャストにもスポットライトが当たることが示されている。

「映画『マイ・インターン』では、ロバート・デ・ニーロ演じるベンは、ジュールズの会社で働くマッサージ師で、彼と年齢が近いフィオナと恋愛関係になります。また、ジュールズの秘書のベッキーは、同僚のジェイソンと交際していますが、彼が別の女性と浮気するなど恋愛関係のこじれも起こります。ジュールズは既婚で子持ちの設定なので、ベンと恋愛関係になることはないですが、人生の先輩のベンに夫との関係についてアドバイスをもらうなどして、友情を築いていきます」(前同)

 学歴にコンプレックスを持つ永野と、情報通りだとすれば、おじさんサラリーマンの西島が、まったく違うバックグラウンドを持つ2人を演じ、ジェネレーションギャップを感じながらも切磋琢磨して仕事に取り組み、中には恋愛話もからんでくる、というあらすじは、映画『マイ・インターン』とたしかによく似ている。

■柴咲コウ×高橋一生の『インビジブル』にある“酷似”指摘

 7月から放送される永野芽郁の主演ドラマ『ユニコーンに乗って』に「映画『マイ・インターン』に似すぎ」指摘の声が上がるなか、今クールに放送されている連続ドラマでも、同様な指摘がされている。TBS系で金曜日夜10時から放送されている『インビジブル』だ。

 同ドラマでは、犯罪コンシェルジュのキリコを演じる柴咲コウ(40)と、熱血刑事の志村を演じる高橋一生(41)の好演が評価されているものの、放送前から設定が人気海外ドラマ『ブラックリスト』によく似ている、という指摘が続出していた。

「柴咲さんと高橋さんは、2017年度NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』で名コンビの主従関係を演じており、放送前から『インビジブル』への期待も高まっていました。そんな伝説の大河のコンビの作品なのに、現状、『インビジブル』は視聴率的に大惨敗を喫しているんです」(前出の制作会社関係者)

『ブラックリスト』とは、2013年から現在まで、シーズン8まで制作されているアメリカの人気ドラマ。天才的な「犯罪コンシェルジュ」という肩書きの男、レイモンド・レディントンが、免責を条件にFBIに自首し、自らが作成したブラックリスト(ドラマ内では犯罪者のリストという意味で使用)を元に捜査に協力を申し出る。そして、そのパートナーとして、新人捜査官のエリザベス・キーンが選ばれて活躍する――というのが、大まかなあらすじだ。

「犯罪者側から捜査官を指名する展開、“犯罪コーディネーター”と“犯罪コンシェルジュ”という設定や、警察が知らない犯罪者リスト、“クリミナルズ”と“ブラックリスト”の存在など、根本的な設定が酷似している、と言われても仕方ないですよね。

 第5話の放送が終わった今でも、犯罪コーディネーターのキリコが刑事の志村に助言、それを糸口に事件を解決するというフォーマットは変わらず。そして、『ブラックリスト』ではレイモンドが本物の犯罪コンシェルジュではなく、“レイモンド”ですらない別人なのでは、という疑念が浮上するエピソードがあるのですが、『インビジブル』でも柴咲演じるキリコが本物の犯罪コーディネーター、“インビジブル”ではないのでは……と取れる描写もあるんです」(前同)

 ドラマ視聴者からは、「インビジブル、ブラックリストに戻してきた感じか」「キリコさんがインビジブルじゃないのは先週からなんとなくわかってて、キリコさんの父親とかかなぁと想像してたけど…完全にブラックリストパターン」といった指摘が数多く、SNSに投稿されている。

■最強コンビの『インビジブル』はまさかの大惨敗中

『インビジブル』は初回となった4月15日の放送の世帯視聴率は9.4%(関東地区/ビデオリサーチ調べ/以下同)だったものの、第2話では7.0%と2.4ポイントも下落。その後の世帯視聴率も右肩下がり傾向にあり、第4話は6.4%、そして5月13日放送の第5話では5.9%にまで落ち込んでいる。

 前出の制作会社関係者は続ける。

「世帯視聴率5.9%を記録した『インビジブル』第5話ですが、現在、テレビ各局が重視する13歳~49歳のコア層視聴率も2.3%と低く、若い世代にまでそっぽを向かれていることが明らかになっています。柴咲さんと高橋さんという最強コンビでこの低視聴率は、TBSとしては想定外の痛恨事態でしょうね。

 永野さんは『ハコヅメ』(日本テレビ)の好演があり、『インビジブル』でも柴咲さんと高橋さんの演技は常に高く評価されています。そんな彼らが熱演するドラマに“海外作品のパクリ疑惑”が浮上するのは、一生懸命やっている出演者たちにはあまりにも酷。ただ、そうした疑惑が視聴者離れにつながってしまっているという見方があるのも事実。

 まだ放送まで2か月もある『ユニコーンに乗って』が、映画『マイ・インターン』に似ているという指摘をものともしない面白いドラマとなり、大注目の作品になる可能性は大いにありますが、放送前からそうした指摘の声が上がるのは、現在厳しい状況にある『インビジブル』と同様で、心配ですよね……」

 過去の名作の影響を全く受けていないという作品は、この世には存在しない。永野主演の『ユニコーンに乗って』には、「映画『マイ・インターン』に似ている」という指摘を振り払って、大注目の作品になってほしい!

関連リンク

  • 5/18 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます