手越祐也の失速…YouTubeスランプと脱毛サロン全店閉店

拡大画像を見る

「『TEGOSHI BEAUTY SALON』は、自分の美を追求し、その努力を重ねてきた手越祐也だからこそ実現できた、究極の美容サロン」。同サロンHPで、自信ありげに紹介した歌手の手越祐也。2020年10月にオープンしたが、まさかの結末が待っていた。

 5月16日配信の「女性自身」ウェブ版が、5月末で全店閉店すると伝えた。2月の「週刊文春」が、オープン直前にホテルで行われた決起集会で手越が「21年中に21店舗まで広げます!」と豪語していたにもかかわらず、経営不振に陥ったことを報じていたが、V字回復とはいかなった。手越は経営に関与しておらずプロデューサーとのことだが、イメージダウンは免れない。

 手越の豪語癖は今に始まったことではない。緊急事態宣言中に飲み会を開催したことが明るみになったことがあるが、一部週刊誌によると日ごろから「コロナなんて大したことないでしょ」と豪語していたという。また、カラオケでCHEMISTRYの曲が好きで何度も歌っているらしく、それが根拠のない自信となったのか、「俺が(本家よりも)CHEMISTRY」とラジオ番組で豪語していた。

「自信過剰な手越ですが、YouTubeの登録者数は一時170万人を超えていたのが、今は149万人。過去には再生回数100万回超えもありましたが、現在は10万回を下回る動画も珍しくなく、あまり話題にもなっていません。そこにきて、美容サロンの閉店報道。派手で自由奔放なイメージのある手越だけに、寂しさを感じさせます」(芸能記者)

 捲土重来なるか。手越の〝有言実行〟に期待だ。

(石田英明)

関連リンク

  • 5/18 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    5/22 9:34

    人間のクズは失速するのは当たり前ですわ\(^-^)/非常に喜ばしい事です

記事の無断転載を禁じます