放送事故!? MCフット後藤輝基も登場せず、ほぼテロップとBGMのみで番組終了!攻めすぎ内容に視聴者衝撃「フジテレビやばい」

拡大画像を見る

 5月16日に放送された『ここにタイトルを入力』(フジテレビ系)の最終回に、視聴者が騒然とした。これまで同番組には、これまでバイきんぐ小峠英二(45)、フワちゃん(28)、バカリズム(46)、南海キャンディーズの山里亮太(45)らが登場したが、毎回奇抜な内容がネットを中心に話題になった。

 同番組ホームページには、最終回はフットボールアワー後藤輝基(47)が豪華ゲストと贈る新感覚トークバラエティと説明されていたが、番組冒頭で楽屋と思われる場所に後藤が登場。スタッフが「ちょっとご相談というかご報告なんですけど」と切り出し、先日収録した内容について、後藤をはじめゲスト出演者たちも売れっ子ばかりなため、「裏かぶり怖い」「同じ時間帯に他の局の番組出ちゃったらNGじゃないですか」と危惧。

 後藤が「いやいやいや、それマネージャーとかちゃんとやってるから大丈夫じゃない?」と怪訝そうな顔をすると、スタッフは「いや、でも本当に売れっ子の方々なので」と裏かぶりが怖いと強調し、「なのでちょっと皆さんがいつ裏かぶりしてもいいように何とかするつもり」「安心していただければ」と説明した。後藤はこれに最後まで「ん? え?」と不可解そうな反応をしていたが、映像はここで終了し、番組がスタートした。

 その後「真夜中のおしゃべり倶楽部」というタイトルとともに映し出されたスタジオには、MC席やゲスト席、ひな壇がなどが設置され、バラエティ番組のセットが組まれていたが、誰もおらず、「スタジオの芸人がSPゲストをおもてなし おしゃべりに華を咲かせるトークバラエティ」という番組説明テロップが流れた。

 軽快なBGMが流れ、カメラのカットも移り変わるものの、誰も登場せず、ひな壇が映った際にはまるでそこにひな壇芸人たちがいるかのように「頑張るぞー」「しゃべるぞ!」などのテロップが流れ、MCである後藤のセリフもテロップのみが流れ続ける。そしてゲストクレジットにIKKOの名前が出てスタジオ奥のカーテンが開くものの、そこも無人で「どんだけ~!」というテロップが画面に流れるというカオスな展開が続いた。

■芸人が誰も登場しない展開に「なんじゃこりゃ…」

 番組中盤になってもこの展開は変わらず、ロケシーンでもの出演者として紹介されたぺこぱの姿や音声は一切なく、ナレーションのみが流れ、ロケでぺこぱがしゃべりそうなテロップのみで展開した。

 そして番組開始から15分ほどして、「刺激がほしい」というIKKOのために「こんな企画をご用意」とテロップのみのやり取りが流れ、「裏かぶり」の心配がないということなのか、よくバラエティ番組などに出演している催眠術師の十文字幻斎氏が登場。十文字氏は普通に「よろしくお願いします」「はい、こちらを向いていただいて」とその場にいないジャングルポケットの斉藤慎二(39)に、まるでいるかのよう催眠術を施していった。

 20分近い番組中、結局実際に登場したのは催眠術師の十文字氏のみで、あとはBGMや効果音、まるでそこにオードリーの春日俊彰(43)やジャンポケのおたけ(39)などの芸人たちがいるかのような応酬のテロップのみで番組が続き、そのまま終了した。

 この放送を見た視聴者たちからは「なんじゃこりゃ……」「フジテレビやばい」「今までで一番とがってた」「すごい番組だった」「今回はやりすぎでしょ笑」「これは成立してるの?」など、称賛と戸惑いの声が続出した。

 芸能人出演者がまったく登場せず、テロップだけでバラエティを成立させてしまった『ここにタイトルを入力』。これは今後のテレビ番組への問題提起なのだろうか。

関連リンク

  • 5/18 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます