「プーチンは血液のガン」重大証言でわかった「顔の膨張はステロイドの副作用」

拡大画像を見る

 劣勢、そして敗北の可能性が伝えられる中でも、ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻の手を緩める気配はない。

 連日の戦争報道を見ていて、プーチン大統領の顔がやけにふっくらしている、いや、妙に膨らんでいると感じている人は多いのではないだろうか。数年前と比べ、明らかに膨れ上がっているからだ。

 アメリカのメディアが入手した音声には、プーチン大統領に近いオリガルヒ(プーチンを経済面などで支えてきた大富豪)が語ったものとして、衝撃的な発言がある。それが、

「プーチンは血液のガンであり、重症だ」

 というものなのだ。

 国際ジャーナリストが解説する。

「この音声は今年3月中旬に録音されたものであり、プーチンがウクライナ侵攻を決断する直前、『血液のガンに関連した背中の手術を受けた』とも語っています」

 プーチン大統領の「ガン説」に関しては、様々な出所からの情報があるとされ、だからウクライナ攻略を急いでいる、とも。

 先の国際ジャーナリストはさらに、

「顔が膨れ上がっている件については、ガン治療の過程で投与されるステロイドの影響ではないかとされ、さらにプーチンは3人の腫瘍学者と行動を共にしているとの調査結果もあるようです。狂気の大暴走を止めるのは、ウクライナの反撃でも国際社会からの締め出しでもなく、もしかすると、自らの体を蝕む深刻な病状なのかもしれません」

 果たして真相はどうなのか。虐殺王の「風貌の変化」を注視したい。

関連リンク

  • 5/17 14:00
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • …ず…

    5/19 11:37

    99%、ガセ

  • ***

    5/18 13:13

    どーでもええが早く殺害すべき

  • 脱走兵

    5/17 19:02

    『ルビンスキーの火祭り』いよいよ現実味を帯びてきたな(笑)。PAC3ってICBM撃ち落とせんのか?上空で撃ち落とせたとしても放射能汚染は防げんか。

記事の無断転載を禁じます