有吉弘行、逝去・上島竜兵を悼む哀切ラジオ生放送「2度目の1年で一番つまらない回」「枕元の時計」「出川との最後のキス要求」エピソードにファンも号泣

拡大画像を見る

 5月11日に急逝したダチョウ俱楽部の上島竜兵さん(享年61)について、連日多くの芸人やテレビ番組が哀悼の意を表していたが、5月15日、沈黙を貫いていたあの男も口を開いた。

 不遇の時期に親身に上島さんが気にかけており、「竜兵会」のメンバーでもあった有吉弘行(47)である。

「上島さんの没後、有吉さんはツイッターでも沈黙を貫いていたことから、ファンの間でもメンタルを気遣う声であふれていましたが、15日の20時から放送されたラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(サンドリ)』(JFN)は、収録ではなく生で放送されました。

 アシスタントの宮下草薙・草薙航基(30)、アルコ&ピースの酒井健太(38)と一緒に上島さんの追悼、お通夜、告別式での様子などを話してくれました。有吉さんは湿っぽくならないよう、ギャグのノリを貫こうとしていましたが、さすがに無理。言葉につまり、声も震えていましたね……」(女性誌記者)

 有吉は20年4月には、インスタグラムで上島さんに膝枕されている、まるで「親子」のような写真を投稿していたこともある。それだけに今回の『サンドリ』では、自分のことを「二回目親父死んじゃった芸人」と評していた。

 有吉は冒頭こそ「やっぱ菊田健太のラップで追悼した方がいいのかな?」と、アシスタントの酒井の持ちネタを要求し「違ぇと思うよ俺?」と、酒井のツッコミが入るひと笑いこそあったものの、

「なんかまあ、けっこう元気出たつもりだったんだけどね。やっぱ繰り返すね。元気出たりちょっと落ち込んだりって感じで……」

 と切り出した。亡くなった日、お通夜前の夕方に特別に上島さんと2人だけにしてもらい、顔を見せてもらったことについて話そうとしたものの「悲しいな、やっぱ……」と声を詰まらせて話し続けることができなくなる一幕も。その後、なんとか立て直したものの、上島さんがサンドリに年始に出演することが恒例になっていたことについて、

「その回が1年で一番つまらない回で、そこからちょっとずつ面白い回になっていって、上島さんゲストの回が一番つまんない放送ってことになってるんだけど、でもまあ今日が一番つまらないだろうな、どう考えてもな。あの人のせいだしな」

 としていた。

 その後も、涙をこらえてか言葉を発することができず沈黙が続き、「もう……はぁ、放送事故になっちゃうかなこれ」と、本音ものぞかせていて、酒井が気遣いの声をかける場面もあった。

■「時計」の話

「お通夜もお葬式も最後、火葬場まで。家族扱いしてもらって、参加させてもらって。けっこう、お通夜の時も、お葬式の時も、みんなちょこちょこちょこちょこ笑っちゃうようなことがあって」

 と、上島さんの妻で喪主の広川ひかる(51)が「竜さんが(『男はつらいよ』の)寅さん好きで」という話をしようとして「寅さん死んじゃって」と言い間違え爆笑が起きたりと「いい葬式」だったことも明かしていた。

 また、有吉は上島さんと特別に二人きりにしてもらった時間について、

「お礼の言葉しか出なかった」「ちょっとツッコんでやろうかな、とか。茶化したりとか。“バカだな”とか。言おうかなって思ったけど、やっぱりお礼しか出なかったね……。“本当にありがとうございます”っていうことしかなかったね」

 と、ストレートすぎる言葉を述べていた。

 14年にツイッターで有吉は上島さんについて、

《上島さんは『俺の葬式の時には、俺の顔に熱湯をブッかけてくれよ!』と言う。。。中々ハードな注文だ。かける方の世間体もあるし。。。でも、まあ世話になったし、やってみるか。。。(もちろん上島さんは存命中です。。。)》

 と語っていた。

 また、今回の葬儀では、喪主で妻のひかるさんと、ダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広(59)と寺門ジモン(59)が一番つらかったはずなのに、リーダーがとにかく頑張っていた、というエピソードを披露。

 最後の出棺の前、出川哲朗(57)が上島さんと最後の別れを泣きながらしている際にも肥後が、「顔見て泣いている時も『キスした方がいいんじゃないか?』って。それで」「竜ちゃん、コロナ陰性だったから大丈夫だよ』って」と、2人の間の持ちネタでもあったキス芸を最後まで要求し、笑わせにかかっていたという。

 また、有吉が上島さんがプレゼントした時計に関する話も、今回の『サンドリ』で紹介されていた。

「21年10月放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に登場した、文字盤に上島さんの好きな赤色をチョイスした“オメガ”の高級腕時計のことでしょうね。ひかるさんが言うには“毎日この時計をつけて、有吉にもらったんだって”“毎日つけて、毎日枕元に置いて、綺麗にして枕元に片付けてた”ということでした。

 また、叶わなかった“プレゼント”の話には、有吉さんが笑いながらも本当に悲しそうでしたね……」(前出の専門誌記者)

■叶わなかった「酒飲もうと思ってるんだけど」の約束

 生前の上島さんは「去年はプレゼントできなかったから、今年は有吉に時計のお礼で、そろそろコロナも収まってきたし、有吉の誕生日に、お返しで一緒に酒飲めるグラスを買って、久々に酒を飲もうと思ってるんだけど」と話していたらしく、有吉は「本当にもうくれないんだもんなぁ。せめてなぁ、プレゼント渡してから死んでほしかったなぁ」としていた。

「再ブレイク当時より芸風が丸くなった有吉さんですが、20年に『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で“上島さんのことをバカにされると俺は(怒りスイッチが)入っちゃう”と、実際に“チンピラじみた人たち”を相手に警察沙汰になりかけたことがある、と話すほど慕っていただけに、本当に辛そうでした」(前同)

 今回のラジオにSNSでは、

《サンドリ。有吉さんがメチャクチャ辛そうで聴けなくなった。いまだに有吉さんを叩く人がたくさんいるけど「家族葬」「密葬」にいた、奥さんのひかるさんが喪主で上島さんらしいものだった、二人の最後の時間を作ってもらえた、お礼しか言えなかった。・・いい加減察してほしい。》《サンドリ聞いてたんだけどやっぱ悲しいね あの有吉が涙声だもんな もらい泣きしたよでも葬儀の最中上島さんの棺の横で号泣する出川に肥後リーダーが「出川、キスしたほうがいいんじゃないか」と提案したら出川が「ご時世的にまずい」とかいうイミフな返ししたエピソードには笑っちゃったプロだね》《サンドリ聞いた。有吉が表舞台であんなに感情的になるなんて最初で最後だろうな》

 と、その2人の関係の深さと有吉の心中を察する多くの声が相次いだ。

 改めて、多くの人から愛された上島竜兵さんを悼みます。

関連リンク

  • 5/16 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    5/18 13:36

    自殺者は皆自分の望みで死んだから悲しい事は無いな、死にたく無いのに死んだ人もいるかも?死にたく無いなら死ななければ良いわ\(^-^)/何れにせよ自業自得の事

記事の無断転載を禁じます