広瀬すず「つきあうとかってなんか面倒くさい」「行動する気にならない」横浜流星、松坂桃李相手に告白!

拡大画像を見る

 5月15日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、先週に引き続き、現在公開中の映画『流浪の月』で共演する松坂桃李(33)、広瀬すず(23)、横浜流星(25)が登場した。松坂の「今後、結婚とかさ。いつかは、とかっていうのはあったりとかするの?」という言葉に、横浜は「しますね。僕も、20、21で親が結婚して、僕を生んで育ててるんで」「その歳になったときに、自分も意識したし、守るものができたときって、なんか自分の心境の中でもいろいろ変わるし、守っていきたいなっていう気持ちは、なんかすごく強かったので」とまっすぐな目で返し、「かっこいいこと言うなぁ」と松坂を感心させた。

 一方の広瀬も、結婚願望は「あります」と答えたが、「ありますけど、あれ、ないのかな? とも思い始めてます」と続けた。以前は、20代で絶対に結婚すると思っていたが、「もう今年24で、すでに私の中で計算が合わないんですね。だし、でもだからと言って、行動しようっていう気にもそこまでなってなかったりとかして」「大人になると変わるんだなって思ってます」と自身の変化を告白。さらに「つきあうとかってなんか面倒くさい」と吐き捨て、「だからパッて結婚したいです」と続けた。

 松坂が「交際ゼロ日ってこと?」と確認すると、広瀬は「それは嫌なんですけど」と苦笑いし、その前につきあって相手を見極めていると20代での結婚は「間に合わない」と思い始めたと語った。

■松坂桃李は“絶対譲れないもの”がなくなった

 2020年に戸田恵梨香(33)と結婚した松坂は、大のゲーム好きを公言していたが、「一人の時間大事とか思ってたんだけど、意外とその時間短くても全然問題ないって思えるようになってきてる」といい、相手に対して“絶対譲れないもの”はなくなってきたと言って、「大人ですね」と広瀬を驚かせた。

 お互いが俳優業で多忙なため、松坂は「向こうが仕事でこっちが終わったっていうときはこっちが飯作ったりとか」「分担してやってかないと成立させるのが難しい」と結婚生活について明かし、早く終わった日はスーパーに寄って「今日のごはん何にしよっかな」と考えることもあると語った。また、「台本読んだり、役に向き合う時間が削られたとしても、なんかストレスにはならなくなるっていうか」「そこは自分の中でもいい変化だったなと思う」と結婚による変化を明かした。

 今回、結婚願望の変化を語った広瀬だが、過去に占い番組に出演した際には20代での結婚を熱望していることを明かした一方、「好きと言われちゃうと冷めちゃう」という難しい一面も告白。25歳で「恋愛がぐちゃぐちゃになる」という占い結果を告げられると、「週刊誌に出たら、世の中が“あのとき言っていたやつじゃん!”って言われるようなやつですよね」と怯えていた。

 占い結果はともあれ、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの広瀬。20代の結婚はないかも!?

関連リンク

  • 5/16 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます