斎藤工、星野源、土屋太鳳「クセがすごい教育」で培われた「売れっ子芸能人」に共通する驚愕の「強すぎ性格」

拡大画像を見る

 5月13日、ファンが待ちわびた庵野秀明監督の映画『シン・ウルトラマン』が公開された。大きな話題になっている同作だが、主演した俳優の斎藤工(40)が、5月8日に放送された『日曜日の初耳学』(TBS系)に出演し、自身の衝撃的な幼少期について語った。

 同番組のMCでインタビュアーを務める予備校講師でタレントの林修(56)が、斎藤の原点について切り込むと、斎藤は小学校時代“シュタイナースクール”という、感性教育を謳う学校に通っていたことを明かす。シュタイナー教育とは、人工物を排除し、点数で評価せずに子どもの自由な感性、創造性、本来の能力を引き出す教育の考え方。そのため、斎藤は、

「自宅でも、おやつが“いりこ”や“玄米パン”だったんですけど、小学4年生ぐらいの時に初めてポテトチップに出会うんですよ。美味しすぎて、膝から落ちる感じ。なんでこれを禁じられていたんだっていう、ちょっと憎しみみたいなものが親に対して……」

 と、そのファーストインパクトの衝撃ぶりを語った。

 そのほか、柄物の洋服を禁じられるなど、幼少期の頃から“クセがすごい”教育を受けてきたことを明かした斎藤。

 これがその後の型破りな人生に影響を与えたかどうかは定かではないが、高校1年生でモデル活動を始めた斎藤は、バックパッカーをしながら、世界各国のモデル事務所を訪ねたり、2004年に公開された映画『海猿-ウミザル-』(東宝系)のオーディションで、水着審査後の演技審査の時に、審査員の印象に残るために、あえて水着姿で挑んだエピソードを紹介。

 林から俳優を志すきっかけを問われると、斎藤は幼い頃から、映像制作をする父親の仕事現場に出入りする中で、「父が関わった作品のエンドロールに憧れを持っていて、“自分もこのエンドロールのどこでもいいから名前が載る職業につきたい”というのは、わりと幼少期から思っていました」と原点を振り返った。

 実は、斎藤の父が初めて映像業界に関わったのが円谷プロダクションのアルバイトで、ウルトラマンタロウの爆破担当だったという。当時、斎藤の自宅にはテレビがなく、「外部との接点は、映画とウルトラマンのフィギュアだけ」と語っている。そんな斎藤が、『シン・ウルトラマン』のウルトラマンに変身する主人公・神永新二役を演じることについて斎藤自身は、「数奇な運命です」と話していた。

■校則や試験がない中学・高校時代を過ごした星野源

「斎藤さんは、バックパッカーをしながらモデル活動をしている時に、拉致されたり、“走馬灯”を見るような出来事や、身ぐるみ全部盗まれるような経験があったといいます。彼以外にも、若い時に、ユニークで自由な教育を受けたタレントは、ストイックな人が多い。

 実は、俳優・アーティストの星野源(41)さんも、埼玉県の“校則や試験がない”という、自由な校風の私立の学校で中学・高校時代を送ってきましたが、彼もかなりストイック。妻で女優の新垣結衣(33)さんが出演する映画『GHOSTBOOK おばけずかん』(7月22日公開/東宝系)の主題歌を担当していますが、4月下旬の時点で一般公開されている映画予告編には主題歌が間に合わなかったんです。

 そんな状態でも妥協を許さないほど、ストイックに付き詰めるタイプのようです」(前同)

 星野のストイックなエピソードは、それだけでない。2013年5月1日にリリースされたアルバム『Stranger』(ビクターエンタテインメイント)に収録されている楽曲『化物』の歌詞制作に悩み、ようやくレコーディングを終えて完成させたその瞬間、くも膜下出血で倒れて救急搬送されるほど、ストイックに作品と向き合っているようだ。

■チャイムが無く、教科書を使わない小学校へ通っていた土屋太鳳

「ストイックと言えば、女優の土屋太鳳(27)さんも有名ですよね。2018年4月に公開された主演映画『となりの怪物くん』の公開直前イベントで、同じく主演の菅田将暉(29)さんから、土屋さんが怪物だと思うところについて、真面目でストイックな性格や身体能力の高さについて“怪物ですよ太鳳ちゃん”と、太鼓判を押されていました。

 お弁当だと栄養が偏るからと、撮影現場にまな板と包丁を持ち込んで食材を切ったり、バッティングセンターで球を打つシーンでは、うっかり全部ホームランを打ってしまったほど、極端なところがありますよね。

 2016年10月に放送された『オールスター感謝祭』(TBS系)でも、恒例人気企画の『赤坂ミニマラソン』に出場した際、ゴール直後に倒れるほどガチの走りで、女優魂を見せています」(前同)

 そんな土屋は、小学校時代を世田谷区の超有名な私立小学校で過ごしている。同校は、チャイムや厳粛な式典が無く、授業では教科書を使わないという、ユニークな教育方針を取っていることでも有名だという。

 こうした“クセがすごい教育”で育った3人に共通するのは、自分へのストイックぶり。彼らのような“売れっ子芸能人”へと登りつめるためには、不可欠な要素だったのかもしれない。

■【画像】主演映画『シン・ウルトラマン』で共演する西島秀俊と斎藤工

クセのすごい教育こそが、大成の秘密だったのかもしれない。

※この画像は斎藤工公式インスタグラム( takumisaitoh_official )より

< この画像の記事に戻る

関連リンク

  • 5/13 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます