石橋貴明「もう、とんねるずに期待することはないですよ」YouTubeで飛び出した衝撃の「とんねるず終了宣言」

拡大画像を見る

 5月6日に、とんねるずの石橋貴明(60)がYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を更新。かつて、伝説的番組『めちゃイケ』を担当していた元フジテレビの大物プロデューサー”ガリタさん”こと明松功との対談動画『伝説の笑っていいとも!最終回の真相』を投稿したが、そこで石橋がとんねるずについてショッキングな宣言をしたという。

「動画はタイトル通り、14年の『笑っていいとも!』のグランドフィナーレ(最終回)で明石家さんま(65)、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、爆笑問題らが当初の段取りを無視し、全員一気に出演した際の舞台裏に関する話でした。これに関連して、タカさんは、よくウワサされるダウンタウンとの不仲説も改めて否定していたんですが、この流れでとんねるずの“今後”についてタカさんの悲しい本音が聞こえたんです」(女性誌記者)

 石橋の相方である、ディレクターのマッコイ斉藤氏が画面の外から「テレビ元気ないとか言われてますけど、僕はまたとんねるずが見たいんですよね」と話すと、カガリプロデューサーも「見たいです」と即答したのだが、これに石橋は力の抜けたトーンで苦笑いしながら、

「ハハッもう、とんねるずに期待することはないですよ。次の世代がやらないと。本当にさっきも言ったけど若いヤツが(テレビ)見てないっていうこの現実を何とかするのは、そいつらに近いやつがやらないと無理ですよ。戻らない」

 と、話したのだ。

「テレビを次世代に託している、といえば聞こえはいいものの、やはり木梨憲武(60)と2人で“とんねるず”をやることはもうないのかなぁ、と思わずにいられません。なにより、心配されるのはタカさんのギラギラ感がまったくないトーンです。

 もともと、88年開始の『とんねるずのみなさんのおかげです』から29年半フジテレビでレギュラー番組を持ち続けていたのが、18年に『みなさんのおかげでした』が終了してから、コンビ活動がなくなっているという事実と合わせて考えると、なんとともいえずさみしいですね……」(前同)

■相方・木梨との再会する日は来るのか…

『おかげでした』終了後には、テレビの仕事が激減。

 Yahooで2020年9月に公開されたインタビューでも、その時期について「とんねるずは死にました」と発言するなど、消え去っていくと思われた石橋だったが、『みなさん』で苦楽を共にした名物ディレクターマッコイ氏の提案で、YouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を20年6月に立ち上げたが、いまだに木梨との共演は叶っていない。

「木梨さんについては、21年8月22日に『貴ちゃんねるず』が投稿した『24分間テレビ2021 ~貴ちゃんゴールであの人熱唱~』で、実は出演自体はしているんです。

 ただ、この動画は“ゴール地点で木梨が待ってたのにやる気をなくした石橋が美女とシャンパン片手にオープンカーでドライブに行ってしまう”という内容で、2人は顔を合わせずに終わっている。『24分間テレビ』は元ネタの『24時間テレビ』(日本テレビ系)の時期に投稿するネタ企画なので、今年こそ共演を、という声も上がっているんですが……」(専門誌記者)

 当時の動画で、木梨は谷村新司(73)に扮して加山雄三(85)に扮したゆうぞう(42)と軽いトークをしていたほか、『24時間テレビ』名物の「サライ」を歌っていた。

 動画のラストは、石橋と木梨の画像を並べて《こんな時代だからこそ、とんねるずで笑い飛ばそう!》というものだ。

「来年もよろしくお願いします」というマッコイ氏の発言や、「(石橋に)焼きおにぎり、渡しといてくれよ!」という木梨の別れ際の挨拶もあった2021年の『24分間テレビ』。再会ははたしてあるのか、あるいは「とんねるずに期待することはないですよ」という石橋の言葉のとおりになってしまうのかーー。2人の行く末はいかに?

関連リンク

  • 5/13 7:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • ***

    5/31 8:45

    人間のクズ共は消えて当然ですわ、死んだらよいのに

  • 梵ちゃん

    5/30 20:50

    もともととんねるずは嫌いだったので木梨のピン化は賛成です

  • 萌季

    5/30 15:41

    石橋はバラエティーでガチギレするからこっちが観てて気分悪い( ̄▽ ̄;)木梨だけで良いよ。ちゃんと木梨の方がバラエティーしてるし、気持ちいい。

記事の無断転載を禁じます