乃木坂46久保史緒里、ライブでの失敗に“大号泣”「終わったなと思った」

【モデルプレス=2022/05/12】乃木坂46の久保史緒里が11日深夜放送の「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/毎週水曜25時~27時生放送)に出演。ライブでの失敗談を明かした。

◆久保史緒里、“大号泣”したライブでの失敗談とは

「実は、私めちゃめちゃ記憶力がいいんです」と本放送で明かした久保。失敗して怒られるのが怖いことから「ライブの段取りとかもめっちゃ確認するし、自分で言うのも何なんですけど、ミスが少ないんですよ、なんてったって備えるから、ミスがないように」と新たな一面を明かした。

しかし、ライブでしてしまった大きなミスがあると告白。2019年2月に京セラドームで開催された「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」での出来事で久保は、曲冒頭に先輩のソロパートを担当することになったそう。

段取りとしては、2曲前の楽曲が終わったら次の曲の間に衣装を着替えて待機という流れ。しかし、違う衣装を着て待機してしまう失敗をした久保は「気づいた瞬間、終わったなってなりました。大パニック、やらかした。これ違う衣装着てる…私やばいってなって…もう大号泣」と当時の心境を明かした。

「絶対怒られると思って、もう間に合わないよって言われると思った」という久保だが、衣装さんのサポートもあり無事イントロ中にステージに出れたそう。自身の中では、数少ないミスに「申し訳ないことをしてしまった」と反省し「こういう経験があったからこそ、ライブで大きなミスもしなくなった」と振り返った。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 5/12 15:57
  • モデルプレス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 衣装の準備をメンバー自身がやってるの?、サポートスタッフは居ないの?メンバーの人数が多いとはいえスタッフが少ない様ではミスは起きて当然かも?※知らんけど※

記事の無断転載を禁じます