スシロー、創業以来初の値上げで「1皿100円」終了に飛び交った“疑問の声”

拡大画像を見る

 回転寿司チェーン大手「スシロー」を運営するフード&ライフカンパニーズ(F&LC)は5月9日、1984年の創業以来続けてきた最低価格1皿税抜100円を初めて値上げすると発表したが、これにネット上では意外なリアクションが相次いでいる。

「値上げが実施されるのは10月1日からで、値上げ額は10〜30円。郊外型店舗は黄皿が110円(以下、税込価格)が120円に、赤皿は165円から180円に、黒皿は330円から360円となります。値上げは円安や水産資源の減少等による食材の調達コスト、物流費、地代、人件費、設備・建設資材の高騰などが原因だといい、F&LCの水留浩一社長によれば『「質を落として出す道もあったが、味を落として提供してはいけない。100円の呪縛を自分たちで外す判断をした』といいます」(フードライター)

 回転寿司大手3社のうち「はま寿司」と「かっぱ寿司」は、現状では今後も最低価格1皿税抜100円を続ける方針で、「スシロー」の“脱・1皿税抜100円”は衝撃的なニュースとなったが、ネット上では《スシローが最低価格を値上げするのは初めてじゃないはずだけど…》《うちの近所のスシローはすでに一番安いのでも130円はするぞ》《東京に住んでるが、そもそも最安値が110円じゃないし、脱1皿税抜100円とか言われても全然ピンとこない》など、すでに値上げされているといった意見が多く見られた。

「すでに最低価格1皿税抜100円ではない店舗があるのは、スシローが郊外型、準都市型、都市型で価格を変えていて、準都市型では最低価格が1皿121円で、都市型では1皿132円で提供されているからです。なお、10月1日からは準都市型の黄皿が121円から130円に、都市型は132円から150円に値上げされるので、郊外型と都市型では同じネタでも30円の差になることになります。ちなみに、これまで回転寿司業界では様々なチェーンが“脱・1皿税抜100円”を掲げましたが、結局は100円のインパクトの強さに折れて戻したところがほとんど。最大手のスシローが脱1皿税抜100円を定着させることができるか見ものですね」(前出・フードライター)

 他のチェーンもこの流れに続くのだろうか…。

(小林洋三)

関連リンク

  • 5/12 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 昔は「あきんどスシロー」という大阪色バリバリの名前だったくせに、いつの間にか「スシロー」だけになっていた。まぁ、私の行動範囲には無いので、行く機会は皆無ですが。

  • トリトン

    5/13 15:45

    ↓↓そうですね、だからマグロがその都度半凍にして輸入したのを新鮮にと言いながら大量に仕入れて炎上してましたからね。得意の捏造国産もわからないかも。

  • あきひろ

    5/13 15:20

    回転寿司は昔は店舗自体が小規模でテーブル席なんか無く時間帯によってはガラガラでパートさんがワンオペで回してたりして落ち着いて寿司を楽しめたけど2000年代ぐらいからファミリー層に舵をきりだした頃からギャーギャーやかましい店内に我先にと落ち着きも余裕もない客層まるで保育園に居るみたいであまり行かなくなったな。

記事の無断転載を禁じます