主演映画「ドライブ・マイ・カー」快挙の西島秀俊、妻が「全身ブランドのセレブ嫁」に豹変で「デヴィ夫人」と呼んでいた黒歴史!?【2022年前期・話題のあの人の意外な過去】

拡大画像を見る

 2022年も1~4月が過ぎ、早いもので大型連休に突入。そこで2022年の前期に話題になったあの有名人たちが、過去に本サイトで報じられた「意外な事件」をプレイバッグ! 

 今回は、今年3月の「米アカデミー賞」で主演映画『ドライブ・マイ・カー』が国際長編映画賞を受賞したことで話題となった西島秀俊(51)。2019年に本誌で報じられていた意外な過去とは?

西島秀俊の“プロ彼女妻”がブランドまみれ!?「豹変しちゃった芸能人妻」

 西島秀俊(48)といえば、4月5日からスタートとなった内野聖陽(50)とのW主演ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)が大評判。ますます多忙を極める中、4月4日発売の『女性セブン』(小学館)が、西島と妻の気になるプライベートを伝えた。

 西島は結婚相手に求める要素が多く2014年4月、『女性自身』(光文社)によって「“いつも一緒”を求めない」「女の心理の理解を求めない」「映画鑑賞についてこない」「会話なしでも我慢すること」などといった“7つの条件”が報じられたこともあった。そのため、2014年11月に16歳年下の女性と結婚をすることを発表した西島には“亭主関白”というイメージがつきまとっていた。

 ところが『女性セブン』によると、ここ最近で西島の妻が豹変してしまったというのだ。

■冗談交じりに「デヴィ夫人」とも…

「もともと家事も何でもこなし、周囲にもいっさい交際をバラさなかったことで“プロ彼女”とも言われ、夫の3歩後ろを歩くタイプだった西島の奥さん。ですが、ここ最近の西島のあまりの忙しさに爆発してしまったのだとか。

 2人の間には昨年10月に次男が生まれていますが、それからも西島は仕事で家を空けることが多く“ワンオペ育児”だったそうで、今回の『女性セブン』の記事では子育てストレスマックスだった奥さんに、西島が”買い物やエステなど好きにしていいよ、リフレッシュしておいで”と伝えたということが書かれていました。

 ただその反動か、今では全身一流ブランドで固めたセレブ妻のようになってしまったのだとか。記事では、西島さんが奥さんのことを冗談交じりに“デヴィ夫人”と呼んでいた、という知人の証言を掲載していました」(芸能記者)

 記事によると、西島が「ちょっと派手すぎでは?」と思ったが「何も言えなかった」とも報じられていた。

■仲里依紗、吉岡美穂、木下優樹菜の「鬼嫁伝説」

 結婚後、女性がたくましくなるのはよくある話だが、芸能界には「結婚した後で、こんなはずではなかった」という本性を現す“豹変妻”が数多く存在する。結婚する前は大人しかったのに、突如として「鬼嫁」に変身してしまうタイプだ。

「中尾明慶(30)の妻で女優の仲里依紗(29)も鬼嫁系と言われていますね。あるときケンカをして、中尾は家を飛び出したそうですが、その際、仲はドアにしっかりロックをかけチェーンをかけたとか。IZAM(42)の妻の吉岡美穂(39)も恐ろしいそうです。グラドル時代は癒し系だった彼女ですが、夫の宝物だったポルシェをあっさりと売却してしまったといいます。

 他に、夫のコレクションを捨ててしまった人といえば、木下優樹菜(31)。夫の藤本敏史(48)が大切に集めていた怪獣消しゴムやフィギュアを勝手に捨ててしまったそうです。フジモン夫妻のケンカはネタじみていましたが、彼女の暴挙には明石家さんま(63)も“フィギュアは捨てたらあかん……”とフジモンに同情していましたね。そんなさんまの元妻の大竹しのぶ(61)も、けっこう怖かったといいますからね……」(前出の芸能記者)

 バラエティ番組で売り出すために“鬼嫁”をキャラにする夫婦タレントも少なくない。西島が鬼嫁になげく姿が見られる日もいつか来る!?

(2019年4月14日公開)

関連リンク

  • 5/6 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます