人生で一番やりこんだドラクエ&FFシリーズランキング

拡大画像を見る

人気のロールプレイングゲームシリーズである『ドラゴンクエスト』(以下、ドラクエ)と『ファイナルファンタジー』(以下、FF)。いずれも日本を代表するゲームシリーズと言っても過言ではありませんよね。
そこで今回は、人生で一番やりこんだドラクエ&FFシリーズがどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
2位 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』!


1992年にスーパーファミコン初のシリーズ作として発売された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』。主人公の少年とその父パパスを中心に、親子三代にわたる壮大な物語が展開する天空シリーズ(天空3部作)の第2弾です。
本作ではシリーズで初めてモンスターを仲間にできるシステムが導入されましたが、もう一つ忘れてはならないのが、結婚イベントの存在です。ヒロインの誰を花嫁に選ぶかを迫られるこのイベント、選べずに悩んだ人も多そうですね。
2004年発売のニンテンドーDS版では3人目の花嫁候補も追加された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が、1位となりました。

2位は『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』!


1988年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたロト3部作の完結編『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』。発売当時は社会現象化するほどの人気となり、後にさまざまなハードでリメーク作品が発売されています。
「冒険の書」と名付けられたセーブ機能やパーティーメンバーの自由な入れ替え、転職など、後のシリーズにも受け継がれる画期的なシステムが導入された本作。数あるシリーズ作の中でも、記念碑的な作品と言えるでしょう。
2021年にはHD-2D版での新たなリメークも発表された『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が、2位となりました。

3位は『ドラゴンクエストVI 幻の大地』!


1995年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたドラクエシリーズの6作目『ドラゴンクエストVI 幻の大地』。2010年にはニンテンドーDSで、2015年にはスマートフォンでリメーク版が発売されています。
ゲーム序盤から二つの世界を行き来できる自由度の高さが特徴の本作。新たな形で復活した転職システムやベストドレッサーコンテスト、スライムかくとうじょうなどの寄り道要素が盛り込まれたボリューム満点の一作です。
スピンオフ作品の人気主人公テリーが初登場した作品でもある『ドラゴンクエストVI 幻の大地』が、3位となりました。

花嫁選びという人生における重要な決断をプレーヤーに迫り、大いに悩ませたドラクエシリーズの5作目が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~26位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが人生で一番やりこんだドラクエ&FFシリーズは、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:766票
調査期間:2022年1月15日~2022年1月29日

関連リンク

  • 3/7 7:30
  • gooランキング

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • きょー

    3/7 19:10

    ドラクエはどうも馴染めなくて…FFⅦですかねえ、ティファのリミット技全部決めた時がかっこ良くて。音楽が好きだったなあ

記事の無断転載を禁じます