ロシア軍の「オデッサ作戦」にガンダムファンが激怒のワケ

拡大画像を見る

 2月24日、ウクライナへの軍事侵攻を開始したロシア軍。プーチン大統領が分離独立を支持した同国東部とベラルーシと国境を接する北部、さらに黒海に面した南部からも部隊が上陸。3方向からの同時進行に加え、圧倒的な戦力差もあり、首都キエフ陥落も時間の問題と言われていた。

 なかでも南部から侵攻する部隊は港湾都市のオデッサ近郊から上陸したことから「オデッサ作戦」とも呼ばれている。だが、これに噛みついたのがガンダムファンだ。

 実は、オデッサ作戦は初期シリーズの「機動戦士ガンダム」にも登場。物語前半、現在のウクライナがある地域を実行支配していたジオン軍と奪回を目論む連邦軍の間で激しい戦闘が繰り広げられている。主人公アムロ操るガンダムが、ドム3機による「ジェットストリームアタック」を武器にするジオン軍の「黒い三連星」を撃破した戦いと言えば覚えている人も多いかもしれない。
 
 そのため、ネット上には《ガンダムへの冒涜だ!》や《物語の中だけの話にしといてほしかった》といった怒りや悲しみのコメントが多数投稿。現実に起きているのはアニメでの2つの勢力による均衡した戦いではなくロシア軍による侵攻。ウクライナ側には民間人にも多数犠牲者が出ており。憤りを感じている人も多いだろう。

「ガンダムは戦記物のロボットアニメですが、同シリーズの数多くの作品の原作や脚本、監督を務めている富野由悠季氏は、一貫して戦争を美談にはしていません。戦争が持つ不条理さや人々の悲しみを描き、インタビューでも『戦争なんてかっこよくないし、あっちゃならない』と語っています。自身が手がけた作品と同じ場所で戦争が始まったことに心を痛めているのではないでしょうか(エンタメ誌ライター)

 ガンダムではわずか3日で戦闘が終結したが、今回のロシアによる軍事侵攻は長期化も懸念されている。28日には停戦交渉が持たれる予定たが、これ以上戦火が広がらないよう祈るばかりだ。

関連リンク

  • 2/28 14:43
  • アサ芸Biz

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

11
  • TOMO

    3/14 23:06

    ロシアのウクライナ侵攻をガンダムを持ち出して記事にしていること自体、能天気もいいところ!このロシアのウクライナ侵攻。日本は「対岸の火事」ではない。平和ボケもいい加減にしろ💢

  • 現実を見るべき。

  • まあ~救済目的だった侵攻作戦が、略奪戦争だと理解したら、士気が下がるはな~ 1部では、演習だと言われた部隊もあった様で、反撃で仲間が本当にやられて戸惑いが有るようだからね~ 精神的苦痛は、士気を下げるからね~

記事の無断転載を禁じます