西山茉希、「ラヴィット!」での結婚指輪査定は元夫・早乙女太一への“仕返し”説

拡大画像を見る

 1月25日放送の「ラヴィット!」(TBS系)で、元夫の早乙女太一からもらった結婚指輪をリユースショップで査定してもらった西山茉希に、ネット上がざわついているようだ。

 番組では西山と小倉優子の「リユースショップで私物爆売り対決」企画をVTR放送。それぞれの私物をリユースショップに持ち込んで査定をしてもらい、いくらで買い取ってくれるかを争った。その中の「思い出の品対決」において、西山はかつて早乙女からもらったブシュロンの結婚指輪を査定に出したのだ。

「キャトル ラディアント」と「クル ド パリ」 と呼ばれる結婚指輪2本で、1本は周囲にダイヤモンドが埋め込められたデザイン。購入当時は2本で「78万1000円」と紹介され、金額を聞いた西山は「そんなだったんだ!」と驚くシーンも。しかし買い取り価格として提示されたのは「2万1160円」。これに西山は「ええっ?」と絶句してから「絶妙な料金になってますね」と苦笑。買い取り価格が安い理由として「指輪に日付が刻印されていること」が挙げられ、「個人情報もあるので、ブシュロンというより18金の地金としての金額です」と説明された西山は「人生、簡単に刻印を刻むもんじゃない」と共演者を笑わせた。

「最終的に西山が結婚指輪は売らなかったとテロップでの説明はありましたが、ネット上では『やりすぎ』『早乙女太一が不憫』『これはテレビで披露することじゃない』といった早乙女に同情する声と同時に『西山から早乙女に向けたDVやワンオペ育児に対する仕返し』を指摘する声があがっています。西山は交際中だった2012年5月に、早乙女から路上で暴行を受けている写真が『女性自身』に掲載され、世間から心配されました。

 しかし、翌年6月に結婚。女児2人を授かりましたが2019年6月に離婚。離婚理由は明かされていませんが、『今夜くらべてみました』『踊る!さんま御殿!!』(ともに日本テレビ系)、『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演した西山が、子育てに参加してくれない早乙女に対する苦言を漏らしていたことから、ワンオペ育児が離婚理由の1つではないかと言われました」(女性誌記者)

 放送中のNHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」では大阪屈指のトランぺッター・トミー北沢を好演。深夜ドラマ「封刃師」(テレビ朝日系)では“鞘のみで戦う封刃師”の御沙神駆(おさがみ・かける)で初主演。「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)では1月31日放送の第4話以降から登場する謎の青年・井原香音人(いはら・かねと)を演じて視聴者を煙に巻くだろうことが予測され、まさに八面六臂。そんな“絶賛売り出し中”の時期に元妻が結婚指輪をテレビ番組で査定してもらったとあれば、勘繰る声が出るのも当然か。

関連リンク

  • 1/28 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます