米倉涼子、ネットフリックス主演作『新聞記者』、週刊文春は「裏側告発」、週刊新潮は「米倉賛美」の中で「アネゴ・小泉今日子の株が爆上り」のワケ!

拡大画像を見る

 俳優の米倉涼子(46)が主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ『新聞記者』(全6話)が大きな話題を呼んでいる。

 同作は1月13日よりNetflix(以下、ネトフリ)で世界同時配信されており、一時はネトフリの「今日の総合TOP10」で1位になるほどだった。

 ネトフリで配信されたドラマ版のベースとなった2019年公開の映画『新聞記者』は、東京新聞の望月衣塑子記者(47)の同名著書が原作で、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。出演した松坂桃李(33)とシム・ウンギョン(27)も、それぞれ最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞を受賞している。

 ネトフリで配信中のドラマ版は映画の続編ともいえる作品で、タイトルも同じ。メガホンをとったのも同じ藤井道人監督(35)、プロデューサーも映画から引き続きK氏が務めている。

 ドラマは「森友学園問題」をモチーフに、望月記者を彷彿とさせる米倉演じる新聞記者が、政府の汚職疑惑を巡る深い闇に迫っていくというストーリーだ。

 大いに話題を呼んでいる米倉版『新聞記者』だが、制作を巡っては紆余曲折があり、2021年末にプロデューサーのK氏が、公文書改ざんを強いられた末に自ら命を絶った近畿財務局職員・赤木俊夫さんの妻・赤木雅子さんと面会し、謝罪していたと1月27日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

■“文春砲”で大きく株を上げた小泉今日子

『週刊文春』によると、『新聞記者』の制作に向けて制作サイドと雅子さんは話し合いを行なっていたが、K氏の物言いなどに不信感を抱いた雅子さんは「財務省に散々真実を歪められてきたのに、また真実を歪められかねない」と協力を拒否。制作サイドは雅子さんとの間にできてしまった溝を解消しようと話し合いを重ねたものの、納得できる形には至らなかったという。

 その後は「あくまでもフィクションなので」という理由で、雅子さんサイドの要望はほぼ受け入れられることなくドラマを制作すると一方的にメールで通知されたと、記事では伝えている。

 配信開始直前の2021年12月27日、雅子さんはK氏と再び対峙。言い訳や謝罪の言葉を並べるK氏に、雅子さんは「人生を滅茶苦茶にされたあのときと同じ気持ち」といった趣旨の言葉を放ったという。

「作品自体は面白く、米倉さんをはじめとする役者陣の演技も大変素晴らしいんです。ただ、制作過程で生じた問題が明らかになり、作品にミソがついてしまいました。そんな中、今回の“文春砲”で大きく株を上げているのが小泉今日子さん(55)ですよね」(ワイドショー関係者)

 当初、雅子さん役として、小泉の名前が挙がっており、複数の週刊誌も小泉が出演することになると報じていた。

「実際にオファーがあったものの、小泉さんサイドはスケジュール的な問題で出演を断ったと説明してきました。ただ、実際のところはそうではなかったようで、小泉さんは衣装合わせや撮影現場でのコロナ対策のための講習も受講し、ネトフリ版『新聞記者』への出演に前のめりでいたといいます。

 しかし、雅子さんサイドに了承が取れていないことが明らかになった。小泉さんは“自分を降板させるか、一時的に撮影を中断して雅子さんサイドに了承を得るか”という二択をK氏に迫り、結果、小泉さんは降板。代わりに寺島しのぶさん(49)が雅子さん役を演じることになった、と記事では伝えています」(前同)

■「キョンキョン、かっちぇー!」

 小泉は2020年3月、自身が代表を務める「株式会社明後日」のツイッターアカウントで赤木俊夫さんに関する署名のリンクを投稿。

 同年8月にも、雅子さんと元NHK記者の相澤冬樹氏の著書『私は真実が知りたい』(文藝春秋)について「読みました。深い孤独と悲しみに胸が苦しくなりました。そしてとても腹が立ちました。私も真実が知りたい」とし、ハッシュタグ「#赤木さんに真実を」とツイートし、「森友公文書改ざん問題」に大きな関心を寄せていた。

「小泉さんは“雅子さんの了解のもと”、多くの人に関心を持っもらえる作品になるのであれば協力したい、という思いが強かったようです。しかし、制作サイドは大前提となる了解を得られていなかった。そのため、小泉さんはドラマを降板することを決めたようです」(前出のワイドショー関係者)

 ネットには「キョンキョン、かっちぇー! #新聞記者 #小泉今日子 #週刊文春」「降板した小泉今日子はさすがだな」「小泉今日子を支持しているわけではないけど、こういう筋を通すところはさすがだな、と思う」「小泉今日子はさすがだな。出演者の事務所はどうして引き受けたのか聞きたいですな」といった、小泉を称賛するコメントが寄せられている。

「小泉さんと米倉さんはプライベートでも仲がいい“姉妹”のような間柄で、小泉さんは米倉さんを“ヨネ”と呼び、米倉さんは小泉さんをアネゴとして慕っている。そんな妹分の主演作であっても、小泉さんは信念を曲げることなく、オファーを突っぱねたわけです」(芸能プロ関係者)

『新聞記者』の裏側を報じた『週刊文春』と同じ1月27日発売の『週刊新潮』(新潮社)には、藤井監督のインタビューが掲載されており、米倉の現場での気遣いや女優としての可能性について語っている。

「制作サイドは『週刊文春』に取材され、告発記事が出ることが分かっているわけです。その『週刊文春』と同日発売のライバル誌に“図ったように”米倉さんを持ち上げるような記事が出たわけです。どうしても“文春砲”に対抗するため、『新聞記者』への風当たりを和らげるためでは、とも思えてしまいますよね。

 ただ、主演の米倉さんや小泉さんに代わって雅子さん役を演じた寺島さん、その他のキャストにはまったく非はありません。一方で、信念を貫き、雅子さんサイドに仁義を通した小泉さんの株が急上昇しているというのもリアルなところですね」(前同)

 今回の『週刊文春』の記事で、今後より注目を浴びるであろうネトフリ版『新聞記者』。さらなる波瀾の展開も待っているのだろうか!?

関連リンク

  • 1/28 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます