KAT‐TUN・亀梨和也、ラジオでの意味深発言にファンがザワザワ

拡大画像を見る

 KAT‐TUN・亀梨和也がパーソナリティを務めるNACK5のラジオ番組「亀梨和也のHANG OUT」で“第1章”についての発言がファンをざわつかせているという。

 1月22日にオンエアされた番組内の「あなたの第二章」というコーナーで、リスナーからの「僕の人生第四章」というメッセージを披露。内容的には「18歳で結婚するまでが第1章、結婚して第2章」といったものだったのだが、メッセージを読み終えた亀梨は「結婚する前が第1章だとしたら、まだ第1章?」と自分に置き換え、そこで「まあでも、仕事においてはもうなんか1章目は終わっているな、自分の中で。むしろ、去年その1章を閉じたいなと思っていたぐらいの15周年」と発言した。

 さらに、「でも世の中の、このちょっと状況の変化もあるので、気持ちよく15周年を終えて第1章を閉じたっていうことでもないのかな。まあ残り2カ月ありますけれど、そうなってみないと、ちょっと。なんとも言えないけど」などと意味深な発言をしてみせた。

 今年3月のデビュー記念日まで15周年イヤーは続くが芸能記者はこんな見方も。

「亀梨の言う『第1章』が何なのかがはっきりしませんが、コロナの影響がなければ、15周年を派手にやってみせて、そのままグループの解散を考えていたとも取れるのではと、ファンはざわついています」

 昨年は3年ぶりのシングル「Roar」をリリースし、記念のコンサートツアーも実施。年末には初の紅白出場を果たした。

「紅白が花道か、なんていう報道もありましたが、ジャニーズのこれまでの流れから言えば、いきなり解散ということはないでしょうが‥‥」(前出・芸能記者)

 なんとも気になる発言ではあるが、果たして。

関連リンク

  • 1/27 15:45
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます