池田エライザ、将来の願望告白で涙「誰かの支えになれたら」

【モデルプレス=2022/01/27】女優の池田エライザが、26日放送のフジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』(毎週水曜よる10時~)に出演。これからやりたいと考えていることを明かし、その中で感極まって涙を流す場面があった。

◆池田エライザ、生い立ちを振り返る

小学生時代は、フィリピン人とのミックスであることや本名のエライザが「いじりやすい名前だった」ことなどからいじめにあっていたという池田。その後、中学1年生の時に友人の推薦で雑誌「nicola」のオーディションに合格したことからモデルの道に進むが「今まで自分をいじめてた人がみんな手のひらを返して優しくなって、若干人間不信に…」と当時の心境を語った。

また、モデルから現在は女優へと活躍の幅を広げながらも「不得意なことだったので、お芝居って」と話した池田。「19(歳)から急に芸能界初心者になった気がして衝撃を受けていました」と女優の仕事に戸惑いがあったことを明かした。

◆池田エライザ「誰かの支えになりたい」と涙

また、歌手やライターなど多方面で活躍する池田だが、将来的には「芸能界じゃないんですけど、ずっとあるのはちびっことかを守りたい」という願望を告白。「(自分が)ちっちゃい時の家庭の環境が結構ぐちゃぐちゃってしてたんで…もしかしたら芸能界で何かできるかもなって。自分が誰かの支えになれたらいいのに」と胸の内を明かし「泣きそうになっちゃう!」と涙ぐんだ。

続けて「ニュースとかで学生たちがすごい閉鎖的な環境で傷つけ合ったりしてるのを見ると、この子たちに届かなくて何の意味があるんだろうかって思っちゃいますね」と吐露。「自分の境遇がそうだったんで親がいない役とか施設育ちの役とかが来るもんで不思議と…」と目に涙を溜めながら口にした。

その後占い師から、池田の思いは10年の間に届くようになると伝えられると涙を拭い、大きく頷いていた。

◆池田エライザ、恋愛は一途

また、恋愛面について占われた池田。「恋人がいると、本当いうと誰とも関わりたくない」と言い、一途に尽くすタイプであることを明かす場面もあった。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 1/27 13:45
  • モデルプレス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます