【謝罪案件】吐くほどゲームが下手なおっさんが「Pokémon LEGENDS アルセウス」を関係者の前でプレイした結果 → その場をとんでもない空気にしてしまう

拡大画像を見る

あなたはゲームが得意だろうか? ここでいうゲームとは、いわゆる “ソシャゲ” ではなく「テレビゲーム」のこと。ぶっちゃけた話、私、P.K.サンジュンは吐くほどゲームが下手である。

そんな私がポケットモンスターシリーズ最新作『Pokémon LEGENDS アルセウス』を先行体験することになったから、さあ大変。ここで先に謝罪させて欲しい、関係者のみなさん……その場を凍りつかせてしまい、本当に申し訳ございませんでした──。

・昔はメチャメチャ上手かった

元祖テレビゲーム「ファミリーコンピュータ」が発売されたのは私が6歳の頃。新しい物好きの父は、頼んでもいないのにいち早くファミコンを買ってくれた。マジで初期型だったから、コントローラーのボタンがゴム製だったなぁ。

それはさておき、幼い頃からファミコンが身近にあった私は、当然のようにゲームの申し子になる。特にファミコンソフト「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境」に関しては、当時日本でも有数のトップランカーだったと自負している次第だ。

その他、スーファミの「ファイナルファイト」も自分で言うのは何だがメチャメチャ上手かったし、プレステの「バスト・ア・ムーブ」ではノーミスがあたり前。「ウイニングイレブン」も3までは “世界最強クラス” だったと客観的に思う。当時は留学中で1日9時間くらいやってたから。

・スティックキーが憎い

そんな私が一気に落ちぶれた理由は、コントローラーのスティックキーが全盛期になったためである。それまでは十字キーを意のままに操れていたのに、スティックキーが全然言うことを聞かねえ! 結果、スター・ウォーズが好きなのでプレステ4ごと購入した「バトルフロント2」も1時間ほどで挫折せざるを得なかった。

私がプレイする「バトルフロント2」を観ながら、妻はこういった。「下手すぎてマジでイライラする」「吐くほど下手だな」と──。敵ではなく天井に銃を乱射し、いつの間にかゲームオーバーを繰り返し続けていれば、誰でも吐きそうになるに違いない。今の私は “地上に上がりたての深海人” くらいゲームが下手なハズだ。

・ポケモン最新作をプレイする

前置きが長くなったが、今回プレイしたのは2022年1月28日に発売されるポケモン最新作『Pokémon LEGENDS アルセウス』である。ゲーム概要などは公式サイトをご確認いただくとして、個人的に最も懸念していたのは、本作が「アクションRPG」ということであった。

要するに、歩いていればバトルが始まる以前までのポケモンと違い、今回はポケモンの攻撃を避けたり、時に突撃したりするゲームだということ。また、プレイヤーがポケモンに直接モンスターボールを投げられることも過去のシリーズとは大きく異なる点である。

当初は関係者からの「ポケモンレジェンズを発売前にプレイしてください」というお誘いも丁重にお断りしていた。それでも「株式会社ポケモンさんが、ロケットニュースさんもぜひと仰ってます」と言われたら断れるハズが無い。私は意を決して株式会社ポケモン主催の「事前ゲーム体験会」に参加した。

・終わりの始まり

会場に足を運ぶと、そこにはモニターとNintendo Switchが設置されており、なんと私だけのために株式会社ポケモンの関係者1名がマンツーマンでプレイを見守ってくれるとのこと。ミッションは「1面のキング “バサギリ” を倒すこと」である。

そしていよいよ試遊会開始! 忌まわしきスティックを操作しつつ、まずはフィールドに出てみることに。そこに広がっていたのは、野生のポケモンたちが豊かな自然の中で暮らす微笑ましい光景だ。水際のブイゼルなんて可愛いやないか……なんて思っていたところ……

メッチャ攻撃してくるやん!

詰んだ。

マ、マジかよ……! 本来なら攻撃をよけたり、手持ちのポケモンをぶつけてバトルに持ち込まねばならないらしいが、そんな余裕は一切なかった。まさかブイゼルがギャラドス級に強いだなんて……。

・ひたすら優しいフォロー

その後も、野生のフワンテやコリンクにやられ続ける俺。その都度「慣れてないだけですから」「大丈夫ですよ」などと優しくフォローしてくれる株式会社ポケモンの人。俺の担当になってしまったばっかりに、地獄の90分を過ごすことになろうとは……本当に心が痛い。

下手なヤツがプレイするゲームを見守ることほどの苦痛は、世の中にもそうそう無いハズ。であるにもかかわらず、最初から最後まで株式会社ポケモンの人は優しく接してくれた。ただし、その担当者が唯一絶句した瞬間があったのでご報告しておこう。

それは私が “ライドポケモン” のウォーグル(ヒスイのすがた)で空中散歩を楽しんでいるときのこと。

本作では「アヤシシ」で原野を駆けまわり……

「イダイトウ」で水上を爆走できる。

そしてウォーグル(ヒスイのすがた)では空中飛行が可能……なのだが! 私が「これメッチャ爽快ですね!」なんて言いつつ空中散歩を楽しんでいたときのこと、そろそろ地上に戻ろうとまあまあ上空でライドポケモンを解除したら……

詰んだ。

ポケモンに攻撃されるでもなく、ただ空中から落ちて詰んだ俺。これには株式会社ポケモンの人も「……! あ、あまり高いところで解除するとダメなんですよね……」と言葉を振り絞るのが精いっぱいの様子であった。なんだこの凍てつくような空気は……?

・慣れれば大丈夫っぽい

ただし、ド下手ながらも何度かはバトルに成功したし「死角からモンスターボール投げ → ポケモンゲット」でビッパもゲット! 近寄っても絶対に攻撃してこないビッパを、今後私は “へいわポケモン” と認定し、推しポケモンにしていく所存だ。

また、吐きそうなほどゲームが下手だった割には、奇跡的に1度も死なず1面のキング “バサギリ” を倒したことは力強くアピっておきたい。私でも何とかなったんだから、慣れれば誰でも普通にプレイできるハズ。全体的には「比較的簡単なアクションRPG」といった印象だ。私が言うのも何ですがね!

というわけで、今回私が得た教訓は3つ、1つは「Pokémon LEGENDS アルセウスはそこまで難しくないかも」ということ。2つ目は「株式会社ポケモンの人は優しい」ということ。そして3つ目は「吐くほどゲームが下手だとその場を凍り付かせる可能性がある」ということである。『Pokémon LEGENDS アルセウス』は1月28日に発売だ。

参考リンク:Pokémon LEGENDS アルセウス公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
※画面は開発中のものです。

関連リンク

  • 1/27 9:30
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます