アーセナルのドバイ合宿にオーバメヤンが帯同せず…ロンドンでコンディション戻しに専念

拡大画像を見る

 アーセナルのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、同クラブのトレーニングキャンプメンバーから外れたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 オーバメヤンは昨年12月のサウサンプトン戦で「規律違反」を理由にメンバーから外され、アルテタ監督の信頼を失うとキャプテン剥奪となりチームから除外されていた。また、アフリカネーションズカップに参加するためチームを離れたオーバメヤンは、代表活動中に新型コロナウイルスに感染。大会前にドバイ(アラブ首長国連邦)で合宿を行なった際に選手たちがパーティを開いていた映像が出回ったこともあり批判を受けていた。

 さらに同選手は代表活動中に心臓に問題が見つかったとしてロンドンに戻り検査を受け、現在は治療を受けていることが明らかにされている。

 同メディアによると、インターナショナルマッチウィークに突入しアーセナルはドバイで合宿を張るが、そのメンバーにオーバメヤンが帯同していないようだ。ロンドンでフィットネスのキープに努めるためだと伝えている。

 オーバメヤンは1月の移籍市場での退団が報じられており、サウジアラビアのアル・ナスルなどがオファーを出しているとみられ去就にも注目が集まっている。

関連リンク

  • 1/27 0:12
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます