水原希子、“神回”大反響のフジ『ザ・ノンフィクション』「女性婚活」でナレーション「上手すぎ」絶賛!G-DRAGON、野村周平「ゴージャス愛」から“完全引退”の今の「意外な結婚観」!!

拡大画像を見る

 1月16日、23日と2週に渡って放送された『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系、毎週日曜日14時から)が、大変な反響を見せている。

 同番組は1995年から約26年続いている長寿番組。16日放送回と23日放送回の内容は「結婚したい彼女の場合 ~コロナ禍の婚活漂流記~」というものだった。結婚相談所に登録した一般女性が、コロナ禍で行動が制限される中で婚活に奮闘する様子を半年以上に渡って密着取材していた。

「対象にじっくり密着して作られる『ザ・ノンフィクション』は面白い番組ですが、今回はいつもに増してすごかった。一部の視聴者からは“神回”という評価が上がっています。女性が結婚相談所に紹介された男性とのデートをする様子や、2人のコミュニケーションの行き違い、結婚相談所の社長に女性が諭され涙する姿など、体当たりの“婚活ドキュメンタリー”に視聴者は大盛り上がりだったようです」(ワイドショー関係者)

 今回の同番組のナレーションは、モデル・女優の水原希子(31)が担当した。同番組は過去に、宮崎あおい(36)や満島ひかり(36)、吉岡里帆(29)、薬師丸ひろ子(57)など、そうそうたる女優陣がナレーションを務めたこともある。

「水原さんの語りは、落ち着いた感じの優しい声でした。女優業は板についてきた印象ですが、彼女の声だけの仕事は新鮮でしたね。上手でしたし、今後もオファーが舞い込むのではないでしょうか。奇しくも、ナレーションを務めた水原さんと、密着対象の女性は同じ31歳。慣れない婚活に悩み、さまざまな壁にぶつかる女性の姿を描いた同番組が、どこか温かみが伝わる仕上がりだったのは、水原さんのナレーションのおかげのように感じますね」(前同)

 また、水原がナレーションを務めたことが視聴者の心を動かした部分もあったようだ。視聴者からは、「ザノンフィクションのナレーションが水原希子さんだった事に、エンドロールで気付いた! フラットな感じが凄く心地よかった」「水原希子ちゃんのナレーションすごい聴きやすかった」「いつものザ・ノンフィクションはナレーションまで暗いのだが、今日のナレーションは抑揚があっていい」など、彼女のナレーションを絶賛する意見が多数、ネットにも寄せられていた。

 そんな水原だが、同番組でナレーションを務めるにあたって受けたインタビューで、現在の自身の「結婚観」について語っている。

■ステイホーム期間が水原の「結婚観」に影響

 1月22日にWEBメディア『フジテレビュー』に掲載されたインタビューでは、〈コロナの影響で、真剣に“婚活”に向き合う人が増えているとありました。水原さん自身、コロナから受けた影響はありますか?〉という質問に対して、彼女はこう答えている。

〈ステイホーム期間のときに、家族と長い間、時間を過ごしたので、家族をすごく意識するようにもなりました。自分がこれから結婚することがあるのであれば、(相手は)自分の家族を大事にしてくれるような人がいいな、とか。そういうことも考えるようになりました〉

 水原は現在、妹でモデルの水原佑果(27)、母親と共に都内の一軒家で暮らしていることを公表している。元々海外旅行が趣味の水原は、1年間に30都市以上を巡ることがあり、「家賃がもったいない」と自宅を引き払い、実家で暮らし始めたことを2019年10月の『バゲット!』(日本テレビ系)で明らかにしていた。

「水原が今回語った、コロナ禍でのステイホーム期間を経て、“結婚するなら家族のことを大事にする人がいい”と思うようになったという現在の結婚観は、自由奔放な印象が強かった彼女としては意外なものと言えそうです。水原は過去に、韓国の大人気グループBIGBANGのG-DRAGON(33)や俳優の野村周平(28)など、あまりにも華やかな相手と熱愛をスクープされてきましたからね……」(女性誌記者)

 2010年8月頃から、水原とG-DRAGONの熱愛報道は断続的に続き、ソウル市内で2人が仲良く食事をする姿がファンによって目撃されたり、互いに額をくっつけあいながら笑顔を浮かべている写真が撮影されるなど、たびたびツーショットが撮影された。

「結局、水原とG-DRAGONの2人が、公式に交際を認めることはありませんでしたが、2015年8月ごろには破局報道がありました。そしてそのわずか2か月後、2015年10月には『女性セブン』(小学館)によって野村周平との手つなぎデートがスクープされます。その後も野村とは都内のレストラン、富士急ハイランド、2016年11月には河口湖のホテルなど各地でデートしている姿が目撃されていました。お互い変装をすることもなく、堂々とした交際ぶりでした」(前同)

 しかし、2018年10月に『FRIDAY』(講談社)によって野村が一般女性との「お泊まり愛」がスクープされたことで、水原との交際がすでに終わっていることが明らかになった。

■「いつか結婚しよう」という言葉は「つなぎとめるだけの餌」

 2017年2月に、女性向けファッション雑誌『GINGER』(幻冬舎)のインタビューでは、水原は過去の恋愛で感じた「結婚しよう」という言葉の印象について赤裸々に語っている。

〈以前、付き合っていた彼の前では、ホントの自分をどこかで抑えていました〉〈ふたりの間に問題が起こっても、言いたいことが言えないから、不満は募っていって。壊れそうになると、彼は『いつか結婚しよう』って言う〉〈問題から逃げられているし、甘い言葉は、私をつなぎとめるだけの餌のようにも感じられた〉と、かつての交際相手から投げかけられた「いつか結婚しよう」という言葉が、自身を「つなぎとめるだけの餌」だと感じた経験を明かしていた。

「G-DRAGONさん、野村周平さんといった華やかな男性と交際報道があった水原さん。報じられていないところでも多くの恋愛を経験してきたのでしょうし、31歳になった今は、恋愛、そして“結婚”への考え方も20代の頃からは大きく変わったのでしょうね。それだけに、今回の大反響を呼んだ『ザ・ノンフィクション』のナレーションにも深みが生まれたのかもしれませんね」(前出のワイドショー関係者)

『ザ・ノンフィクション』の終盤、密着されていた女性の背中に水原は、「結婚ってなんなんでしょう?」と問いかけていた。自身の結婚があるなら「家族を大事にしてくれる人がいい」と語った水原。次の熱愛のお相手はいったい誰になるのだろうか――。

関連リンク

  • 1/25 11:56
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます