KinKi Kids堂本光一&剛、カウコンは「完全にフジテレビさんがすべてやっているんです」暴露!V6もSMAPも「キンキだったら許される」複雑心境と“突貫バタバタ開催”をチクリ!?

拡大画像を見る

 KinKi Kidsの堂本光一(43)と堂本剛(42)が1月24日放送のラジオ番組『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)で、大みそかから元日にかけて行なわれた年越しライブ「ジャニーズカウントダウンコンサート(カウコン)」について振り返った。

「カウコン」では、他グループの楽曲を歌唱する「グループチェンジメドレー」という企画が設けられ、キンキの2人は2021年11月に解散したV6の『over』を披露してファンを歓喜させた。

 この日の放送ではV6ファンのリスナーからの「『over』を歌うと知って楽しみにしていました」「あの曲を選ばれた理由やエピソードは何かありますか?」というメッセージを紹介。

 これに剛が「選んだのは我々ではなくて、テレビ局の……」と切り出すと、光一も「『カウントダウン』は完全にフジテレビさんがすべてやってるんです」と告白。

 さらに剛は「単なる憶測ですけれども」と前置きしたうえで「J-FRIENDSやってきたりとかV6のゆかりの深いグループ、ということでKinKi KidsがV6の曲歌う流れに……恐らくなったんじゃないかなとは思いますけどもね」と持論を展開。

 光一も「ありがたい思いもあるし、なんとなく我々も気づいてますよ、正直言って」とし、「たとえばSMAPのみなさんの曲とかさ、“キンキだったら許されるだろう”。V6の『over』もちょっとそういうところあったよね」とコメント。

 そして、「ちょっとそういう空気感あったよね。でも、そう思っていただけるのはありがたいし、それにお応えしようという思いになるし。だけど……緊張するよね」と続けた。

 これに剛も「テレビ局の方々の思っている感情と、僕らから仲間のV6に対して思ってる気持ちと、ファンの人が思ってる気持ちとって。それぞれ(違い)すぎるから、すごく難しいと言うとちょっと違うけれども。感情がなかなかまとまらなかったけれども」と複雑な心境を吐露。

 また、「V6に対して“ありがとう”とか“愛してる”とか、いろんな気持ちを持って歌うことが一番だなと思ったんで。そういう気持ちで歌いましたけどもね」と振り返り、「サビのみでしたけれども。そして、こんなに高い歌うたってたんや印象もありました」とV6の楽曲についてコメントした。

■「カウコン」選曲を巡って堂本剛に芽生えた「複雑な心境」

 光一は「カウコン」本番について「最初の立ち位置、2人同時に間違っていた。“真ん中行ってくれ!”みたいな(笑)。“真ん中スタートなのか……”みたいな」と、剛も「リハーサル、バタバタすぎて……一瞬テンパったりとかもしましたけど」と応じ、最後に光一は「“MC位置はここで”、“次歌うときはここで”、“ハケはこっちで”……“もうわけわからん!”みたいになって」と当時の心境について明かした。

 ファンからは「確かに! KinKiが歌うoverは許される感ある!」「SMAPやV6を歌うの“KinKiだったら許される感” まさかKinKi本人も気づいてるとは……」といったコメントがネットに寄せられている。

 また、「カウコンの選曲はフジテレビ側なのか初めて知った KinKiちゃんがover歌ってくれて私は嬉しかったよー!!」「V6のoverを選んだのはフジテレビ。選曲なんかは全てフジテレビなのねー」といった声もあり、ジャニーズファンも「カウコン」の選曲をフジテレビが管轄していたとは知らなったようだ。

「J-FRIENDSの一員で長年V6とともにやってきたキンキですから、彼らの楽曲を2人が歌っても反発が起こるはずはなく、ファンも納得でしょうね。ただ、剛さんの“(V6への思いは)それぞれ(違い)すぎるから、すごく難しい”という言葉からは、フジテレビサイドからの“V6の楽曲の歌唱は2人に任せておけばいい”というような空気を感じ取って、やはり複雑な思いもあったのかもしれませんね。

『ジャニフェス』や『カウコン』の開催、キンキの元日単独コンサートを巡っては、キンキの2人とジャニーズサイドでひと悶着あったとも言われていますしね」(女性誌編集者)

■光一はブログで、剛はラジオで苛立ちを露わに

 2021年12月30日、嵐の松本潤(38)が総合演出を手掛ける「Johnny‘s Festival ~Thank you 2021 Hello 2022~(ジャニフェス)」が、31日には「カウコン」が、2022年1月1日にはキンキの単独コンサートがそれぞれ東京ドームで開催された。

 しかし、「ジャニフェス」開催を巡って、光一は2021年11月のブログで「包み隠さず話をしますと 今年の中旬頃から今年はコロナ禍という事、東京ドームの改修があるとの事でドーム公演は難しいと言われておりました」とし、「しかし 年末にジャニーズフェスが東京ドームであると聞かされ ん???? 話が違うくないか?? と自分的に思いました」と疑問を呈した。

 剛も同年12月の『どんなもんヤ!』で「いろいろと二転三転四転五転六転七転ぐらいしながらずーっとああだこうだしてたんですけれども」としたうえで、「KinKi Kids、CDデビュー25周年目となるこの2022年のスタートをですね、元日、KinKi Kidsとしてコンサートを急きょ開催させていただくということになりました」と告知。

「光一さんが疑問を呈したり、剛さんが“二転三転四転五転六転七転ぐらいしながらずーっとああだこうだしてたんですけれども”と苛立ちとも思える言葉を漏らしたのは、コロナ禍で元日の単独コンサートが難しいとジャニーズサイドから言われていたにもかかわらず、『ジャニフェス』の開催が決まったからでしょう。

 そこから『カウコン』も急きょの開催が決まり、怒りを示しているキンキの2人をなだめるためにMCに抜擢したともささやかれました。無事、ジャニフェス、カウコン、単独コンサートは終わったわけですが、2人の腹の中にはまだ言いたいことがあるのかもしれませんね。

 今回、カウコンでの立ち位置やリハーサルでのバタバタも明かしたわけですが、そのあたりも含めてフジテレビの主導で決まっていった『カウコン』について、一言チクリと言った、というところなのかもしれませんね。もちろん、リスナーの質問に真摯に答えた結果、そうなったのですが……」(前出の女性誌編集者)

 今年、CDデビュー25周年を迎え、ファンに感謝を伝えるためにさまざまなサプライズを用意しているとされるキンキの2人。しかし、まだまだジャニーズ事務所に対しては腹に据えかねているものがあるのかも!?

関連リンク

  • 1/25 11:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • …ず…

    1/27 11:10

    金目は煮つけが好き

記事の無断転載を禁じます