ハラミちゃん、TBS『情熱大陸』での「超大物YOSHIKIとの対談で大感動」のウラで乗り越えた『NHK紅白』出場消滅、放送延期、「著作権侵害疑惑」3つのトラブル

拡大画像を見る

 1月23日放送の『情熱大陸』(TBS系)に、ポップピアニストのハラミちゃんが出演。2年前に始めたストリートピアノ演奏のYouTube配信からブレイクするまでの軌跡、これまでAIやXJAPANのYOSHIKIとコラボした際の様子などを紹介し、大変な反響を呼んだ。

「番組の内容は素晴らしかったんですが、それ以上にファンは“無事に放送できてよかったね”という気持ちが強いでしょうね。

 というのも、今回の『情熱大陸』は、本当はもっと早く放送されるはずだったものが、延期されていたんですよ」(制作会社関係者)

 1月10日の『週刊女性PRIME』によると、『情熱大陸』は本来であれば1月9日にハラミちゃんの回が放送されるはずだったという。これは、1月4日に行われた武道館ライブ『STREET PIANO in日本武道館~ハラミちゃん947日目のキセキ~』の直後に合わせての放送を、と考えていたからだ。

「ところが、昨年12月19日に『M-1グランプリ』で超遅咲きのブレイクを果たした錦鯉が優勝したことで、そちらのほうが旬な話題となったため、“彼らを先に出演させよう“という運びになったといいます。

 ハラミちゃんといえば、昨年末にも大変な出来事が2つあったので、不安だったファンも多いでしょうね」(女性誌記者)

 1つは、言うまでもなく21年末の『NHK紅白歌合戦』の急な出演取りやめのことだ。放送1週間前の12月24日付の『スポニチアネックス』が報じた内容によると、

「企画自体が立ち消えになった」「間違いなく話題になる目玉企画の1つとして進めてきた。お2人とも楽しみにしていただけに残念がっている」(NHK関係者)ということだった。

「“目玉企画”という表現や、過去にYouTube動画で『赤いスイートピー』を演奏したことがあったことから、娘の神田沙也加さんの痛ましい逝去もあって辞退となりましたが、松田聖子さん(59)とのコラボがささやかれていました」(前同)

■炎上騒動に巻き込まれたことも

 ちなみに、ハラミちゃん自身はこの件について前向きにとらえていて、先述の武道館ライブでは、

「縁があればぜひという感じですが、名前があがった事実だけで十分です。それだけでありがたい話だと思います。もし、機会があれば参加したいなと思います」

 とコメントしていた。

「また、21年10月には自身の演奏スタイルをめぐり、炎上騒動に巻き込まれてしまったこともありました。ご存知のようにハラミちゃんは既存の曲を耳コピして、それをYouTubeで披露するスタイルですが、同年9月に他界したすぎやまこういち氏による『ドラゴンクエスト』楽曲を耳コピ演奏した動画(※現在は削除済み)を投稿したところ、これが問題視されてしまったんです」(専門誌記者)

 21年10月25日に「ネット界の文春砲」の異名を誇るYouTuberコレコレの配信動画で一般女性が「すぎやまさんの意思に反した著作物の使い方で再生数を伸ばしている」とハラミちゃんと“ゆゆうた”という同じく音楽系YouTuberについて、著作者人格権の1つである同一性保持権に抵触しているのではと告発していた。

「不幸だったのは、コレコレの動画と同時刻にハラミちゃんも『【生配信】今夜は「アニメソング」めちゃくちゃ弾きます』をライブ配信しており、コレコレの“みなさん荒らさないでください”という注意喚起もむなしく、チャット欄が一時閉鎖される事態にまで追い込まれてしまったんです」(前同)

■「自分が自然体で活動できていることが何よりもハッピー」

 そういったトラブル続きのハラミちゃんだったが。今回出演した『情熱大陸』の内容は非常に充実していた。

「4歳でピアノを始めた当時の映像、一度は会社員をしていた頃の話、人生の転機になった19年に東京都庁で行った初配信などをプレイバックしつつ、21年10月に配信されていたYOSHIKIとオンライン対談する様子も、改めて紹介されました。『紅』を演奏する様子も、バッチリでしたよ」(前出の専門誌記者)

 YOSHIKIが『紅』を絶賛して「全身全霊を込めてるから、ファンも向き合ってくれるんだろうなって」と称賛している様子なども余すことなく紹介されていたほか、武道館ライブの様子も紹介されており、視聴者からは、

《情熱大陸をティーバーで観ました。A IさんやYOSHIKIさんとの話も良かったし、ありのままのハラミちゃんが凝縮されていて感動しました。》《情熱大陸のハラミちゃんめっちゃ良かったなぁハラミちゃんみたいに楽しく今日もピアノ練習しよ!》《とても感動しました。ハラミちゃんの人柄が良く表れてました》

 と、大好評だった。

 ライブの翌日も「自分が自然体で活動できてることが何よりもハッピーだから……生きてるって感じ」と街のストリートピアノを楽しんでいたハラミちゃん。今年のさらなる活躍を期待したい!

関連リンク

  • 1/25 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます